ベリー・ザ・ドッグ・サイトColumn BackNumber



ベリー・ザ・ドッグ・サイト…コラム・バックナンバー


愛犬家というコトバ

私は自分のことを愛犬家だと思ったことはない。自分の犬は可愛いし、大切なパートナーではあるが、愛犬家と呼ばれるのには少々抵抗がある。それは、盲目的な愛情を注いでいるわけではないし、犬にとって理想の飼い主かといわれればそうではないと答えざるを得ないからだ。犬をよく車に乗せて公園に連れ出すのにしても、自分の日頃の運動不足解消という面もないわけではない。自分の生活パターンを犬に強要している点が多々あるといった意味では、不良な飼い主と言われるかもしれない。とはいえ、自分では、概ね普通の「犬の飼い主」と呼ばれる立場だと思っている。

しかし、この普通の飼い主にも、自分の犬に接するポリシーなるものがある。それは、甘やかさないということである。縁あって家族の一員に迎え入れたのであるから、家族愛なるものが芽生えるのは至極当然であるが、そうはいっても犬は犬である。飼い犬には、自分が犬であるという立場をわきまえてもらわなくてはいけない。犬とは本来、群れで行動をする習性があり、その群れの中で自然と順位付けを行なうという。そういう習性に照らし合わせて考えるならば、家族という群れの中の位置づけを誤って認識されては人間も犬も不幸となる。そのためには人間と犬とのボーダーを明確にすることが肝要で、しつけをきちんとし、けじめを学習させることが必要である。思うに、大概の飼い主の方はこのタイプではなかろうか。

この対局にある飼い主、つまり、犬を溺愛の対象とする方がいる。自分の御犬様第一主義の方と呼んでもいいだろう。まあ、小型愛玩犬を飼っている人によく見受けられるのだが、そういう方に限って、自分の犬が他の犬と接触するのを嫌がる。散歩途中で出くわすと、わざと迂回して接触を忌避するような飼い主である。その方の犬は一生懸命ベリーとの接触を試みようとふんばるのだが、しまいにはヨイショと抱きかかえられてしまう。ちょっと待ってよ、犬だよ、犬。犬同士のコミュニケーションを遮断するとは、飼い主の風上にも置けない。予めお断りしておきますが、これは私の偏見です。

こうした、人間の視点に立った犬の幸せを追求している方に限って、犬に対する姿勢がきっちりしていてぶれる余地がない。希にこういった飼い主の方と言葉を交わすことがあるのだが、フードはコレ、手入れはこう、ペットショップはここ、といったように、すべからく断定的である。反論の余地などない。その方の世界に他者が入り込める隙もない。親切心で私に自分の考えをご教授なされているのだろうが、そもそも犬に対する姿勢が違うのだから、参考になるはずはないのだが。前述したように御犬様第一主義だから、生活の全てとまではいかないが、かなりの時間と労力とお金を犬に捧げているに違いなく、その溺愛ぶりはご想像いただけるだろう。犬に対する愛情、私としてはいびつな愛情と呼ばせていただくが、そのパワーは、到底私などは及びもつかない。どうも、私自身、こういったタイプの方と愛犬家というコトバのイメージとがオーバーラップしてしまうのである。従って、愛犬家なるコトバを拒否したがる理由に繋がる。

愛犬家という言葉の持つ響きも胡散臭い。愛犬家という言葉のフィルターをかけられると、それ自体で神聖にして侵すべからずの存在になる。どんなに腹の中が黒かろうが、悪どい金もうけを企んでいようが、愛犬家という言葉で中和されてしまう。ペット関連産業、とりわけ生体を扱う業者の中で愛犬家と自ら名乗る手合いには気をつけた方がいい。自分の事を愛犬家と呼ぶこと自体がナンセンスだからだ。そういえば愛犬家連続殺人事件の犯人も、自分のことを愛犬家と呼んでいたっけ。

1999-02-01


Page Up [U]