ベリー・ザ・ドッグ・サイト365 Days Memorandum



ベリー・ザ・ドッグ・サイト…飼育メモ「ベリーと格闘の365日」


五ヶ月目

19941121日〜19941220日◆

生後半年が経過して体も一人前になってきた
しつけも本番を迎えた時期

1121日(月)

今日も寝坊した。9時前にバリケンへ。今日も中でオシッコをしたらしく新聞紙が濡れていた。出してオシッコ、そしてウンチ。散歩に行く。公園で匂わせた後、またウンチ。その後家の前の球技場でボール投げを。運動もさせて、朝食。200g出したが、半分ぐらい残す。仕方なく食器を片付ける。午前中、またテーブルの上のものを加えていたので、リードで繋がれる。昼食は12時半。先程残したドライに100g加えて出す。ダラダラとだが、ようやく食べ終り、無脂肪牛乳200ccを一気に飲み干す。さらにニボシ30gとサイエンスのトリーツ1個をやる。満腹である。腹も膨らんだ。これで空腹による悪戯はしないであろう。午後も庭に出しておく。夕方5時に娘も連れ散歩。広場ではいつもと同様かけっこ。その後、ベリーが娘におんぶするなどふざける。娘のカーディガンをかみついたりするので止めさせる。散歩途中、コンビニで買い物をするのでベリーを標識柱に繋いでおく。もう何度も繋いでいるので心配はない。帰宅後夕食。200gを出すが食べようとしない。何度も食べるように促すがその都度ちょっと食べては止める。一度はオシマイと言って食器を片付けるのだが、片付けると纏わり付く。ドライ以外のものが欲しいことは分かっているが、ドライを食べ終らなければ食べられないことを体で覚えさせるのはいつも通り。しかし加工乳を少量ドライの上に垂らした。すると面白いように食べる。この犬は、ブリーダーのところでそういう食事をしてきたので原体験として覚えているのだろう。牛乳には殊の外目が無い。その後も仕方なく牛乳を注ぎ、ドライを全部食べさせた。食べ終ったのでさらに牛乳を注ぐ。明日からはドライの量を少し押えてみよう。結局今日はドライを500g食べたことになるから、400gを振り分けることにしよう。午後7時半過ぎ、下の部屋を覗くとまたテーブルの上のものを悪戯している。また叱る。午後9時前にボールで遊んでやる。10時、バリケンに入れる。

1122日(火)

7時起床。バリケンから出すと何度もあくびしている。ベリーも眠たいのだろう。早速オシッコ、ウンチをして散歩へ。といっても今日は小雨混じりの重苦しい天気なので、手短に済まそうと公園内を匂わすだけとする。公園の外でまずウンチ。軟便で量も多かった。食事の量が多いのだろう。確かに昨日は食べ過ぎた。朝食は200g出したが、半分近く残した。片付けて昼にまたやることにする。テーブルの上のものへの悪戯は何度叱られても繰り返す。午前中もまたやった。そこでまた叱られた。12時に朝の残りを出す。食べようとしないが、オシマイかと聞くとあわてて食器に顔を突っ込む。その繰り返しを3度ほどやるとオシマイかと聞いても食器に顔を突っ込まない。そこで片付ける。少し残したが、また夜に出すことにしよう。昼食後、また悪戯。叱られる。そこで庭に出しておくことにする。カーゲートの近くでウンチがあった。本日三回目である。確かに昨日食べすぎたのだろう。夕方5時、仕事が一段落したので散歩。街を思う存分匂わせた。夕食は午後7時過ぎに。食器に残っているドライをまず全部食べさせた後、200gを追加。どうにか半分食べたので牛乳を注いでやると食べるスピードを増す。結果全部食べ、さらに牛乳を350cc飲ませた。まだおかわりする。ニボシを50gやってオシマイとする。満腹のベリーはその後、バリケンに入ってスヤスヤ眠った。午後11時、ドアを閉める時、すこし遊んであげて電気を消した。

1123日(水)

午前8時過ぎにバリケンに。早速オシッコ、そして硬めのウンチをして散歩へ。今日は天気が良かったので、たっぷり1時間街を歩いた。洗足の駅付近でウンチ。軟便で量も多かった。途中、1歳7ケ月のゴールデンと戯れる。いつものモモちゃんと低音で鳴く雄犬に挨拶をした後、今朝はベリーが広場で遊ぼうと催促する。そこでかけっこ。帰って朝食。まず150g出す。ダラダラとだがようやく食べる。人間の鼻の感覚でいうと確かにソリッドの匂いはあまり良くない。そこで水でふやかしてみようと思い、食べなくても夜出せばいいやということで200g水につけてみる。5分程して水を切り、ベリーの前に置いたところ、食べるではないか。あれよあれよと思ううちに、なんと全部食べてしまった。つまり朝だけで、ドライを350gも食べてしまった勘定になる。驚いた。さらにおかわり。大丈夫かなと思ったが、ニボシを50gやってみる。全部平らげた。つまり、ドライのままだと匂いがきついので食べたくなかったのかもしれない。またやってみて判断しよう。午前中は満腹感からか、庭で日向ぼっこをしていた。昼頃、家内がガムを買ってきてくれたのでベリーにあげる。久しぶりのガムということもあり熱中していた。午後1時、家族揃って林試の森に行く。久し振りにベリーを自転車で引いた。途中ウンチ。林試の森は休日ということもあって人が多かった。ベリーはここに来るまででかなり疲れたはずだが、木々や落ち葉などの匂を一心不乱になって嗅ぎ回っている。付いていくのが辛いぐらいである。公園では柴、ゴールデン、シェルティなどいろいろな犬と挨拶を交わした。1時間ほどで公園を後にする。帰宅したらさすがに疲れたのか、バリケンの中で寝入ってしまった。朝食が食べ過ぎだったので、今日は昼抜きである。午後7時半、夕食用に200gを水に付けておき、そのまま短い散歩へ。今日はたっぷり運動したので、ウンチをさせるためにでかけたようなものである。公園でウンチ。その後すぐ戻り、夕食。食い付きは良く全部食べた。腹が減ってもいたのだろう。そこで無謀にも100g追加する。水に浸して5分、水を切りベリーの前に出す。しかし、ドライ以外のものを期待していたベリーにとって、これは掟破りである。初めは食べようとしなかったが、オシマイッといって食器を片付けようとすると食器に首を突っ込むいつもの光景。途中まで食べてオスワリの状態に何度もなるので、牛乳を少量かけてやる。すると面白いように食べる。結局全部食べた。実に300gである。朝食と合わせると650gであり、もちろん初めてのことである。さらにニボシを50g平げ、牛乳を250cc飲んだ。今日の食事は結局ドライ650g、牛乳250cc、ニボシ100gという結果となった。食後、いきなり跳びはねる。今あんなに食べたばかりなのに大丈夫なのか、と思うばかりの元気良さである。娘とじゃれあい、当方とボール遊びし、たっぷりと食後の運動をさせた。午後10時、寝かそうと下の部屋に行ったら、既にバリケンで横たわっていた。ドアを閉め、電気を消す。

1124日(木)

7時半にバリケンへ。オシッコの後、大量のウンチ。昨日食べた量からすれば納得できる量だ。極短時間の内にニ回したが、最初はベストな固さ、そして次が軟便である。ニ回目は牛乳のせいだろう。散歩は大体いつものコース。広場でかけっこ。朝食は散歩に行く前に200gを水に付けておいたのを水切りして与える。途中、何度も別のもの(多分牛乳であろう)を要求したが、無視したりオシマイッといったりして最後まで食べさせる。おかわりを要求したのでニボシを50gやる。今日も素晴らしい日本晴れだったので、午前中は日向ぼっこをしていた。午前11時近く、浦安に取材で出かけるので、娘の予てからの要望であるディズニーランドに連れて行く。犬の預かりサービスがあるのでベリーも連れていく。仕事を済ませ、午後1時近くに到着。早速ベリーを預けに行く。駐車場からの道すがら大量のウンチ。下痢気味だったので、始末に苦労する。ペット預かりサービスは、オリの中に入れておくだけのもので、希望すれば食事も与えられるが、昨日食べ過ぎということもあり、断わる。オリの大きさは大小2タイプ。大型のものは、外にあった。ステンレス製で一日1800円が預け料だ。ペットの容態により診察する権利をディズニーランドに託し、その料金は顧客が支払う旨の誓約書にサインし、後にする。平日であったが、園内はすごい人で一つの乗り物に乗るにも何分も費やした。娘も満足し、6時に出る。ベリーを迎えに行き、受取りにサインしてオリから出すと、ものすごい喜びようだ。知らないところで不安だったのだろう。思い切り愛撫して車に向かう。帰宅したのは7時。早速散歩に連れ出し、夕食を与える。腹が減っていると思って200gを水に付け、すぐ水を切って与えた。しかしふやかし方が足りなかったのか、それとも腹が減っていなかったのか分からないが、意に反し少し残す。そこでタッパウェアにドライをいっぱいに入れ、そこに水を注いで蓋をした。たっぷりふやかすためだ。ところで、散歩中も庭でもウンチはしなかった。恐らくディズニーランドに着いた時に大量の下痢便をしたので、全部出切ったのだろう。午後10時、先程のタッパウェアの中の水を切ろうと思ったが、蓋が膨らみ、中の水は完全にドライに吸収されていた。切ろうにも水が一滴も出ない状態になったのである。明朝食べさせてみて、食いがいいようだったら今後ともこうした用意をあらかじめしておこうと思った。バリケンに入れ、寝かせた。

1125日(金)

7時に起床。今日もいい天気だった。バリケンから出すとオシッコ、ウンチ。散歩に連れ出す。今日は取材のため早くに出かけるので短めにする。朝食は昨日用意した水の含んだドライ。200g出したが、あっという間に平らげた。そこでニボシ50gをやったがこれもあっという間であった。まだ食べたそうだったが、軟便になるといけないのでこれでやめた。8時過ぎに出かける。帰宅したのは午後4時半であった。ベリーは戸口近くにおり、思い切り尻尾を振って出迎えてくれた。午後6時過ぎ、散歩に。今朝は短めだったので、たっぷりと1時間街を歩かせる。夕食は200g出したが、今回もあっという間であった。そこで100g足す。それでも足りない。プラス100g。これでも足りないらしく、オスワリの状態をキープしていたが、いくらなんでもと思い止めさせる。水を含んだドライは、かなり水分で重量を取られているので、本来のドライ部分としてはあまり量的にないのだろうと思いつつ、明日の様子で判断しよう。午後11時、寝かせる。ところで家内が、ベリーもイビキをかくのかしら、と言うのでその訳を尋ねたら、床に耳を付けたら下からゴーッという連続音が聞こえたからだと言う。当方もやってみたら確かに聞こえる。下に降りて調べようとも思ったが、起こすとまずいと思い止めた。機会があったら、確かめてみよう。

1126日(土)

8時過ぎにバリケンへ。オシッコ、そして少量のウンチ。散歩は公園とその回りに留めた。朝食は300gいきなりやってみた。それをペロリ。そこで100gを足すがこれもあっという間であった。さらにニボシ50g追加してもおかわりをねだるので50g追加して止めさせた。昨日の疑問に答えようと、ドライのままと水を含んだドライ、同じ30gでの粒の数を数えてみた。結果はドライ158粒、水を含んだドライ59粒であった。ドライの量として、水を含んだら37%に減ることになる。つまり、水を含んだ450gは、ドライのままだと166gにしか過ぎないというわけだ。これでは200g上げた場合だと74gで、足りないのは明白である。従来一日に500g見当平均でやってたわけだから、これを今の水を含んだドライにすると1351gとなる。つまり朝、晩ともに650g出すことでこれに追い付くわけだ。しかしこれでは水が含まれているわけだから、量的には多くなりすぎる。従って、大雑把にいって一回500gを今後の目処としたい。午前中、棚の上に置いてあったタオルを床にばらまいたので叱られた。と思ったのも束の間、庭木をまた噛んで折ってしまった。そこでひどく叱られる。リードを付けて繋れたことは言う間でもない。昼頃、家内が天気がいいので外で食事しようと言う。そこで多摩川まで車を走らせる。いつもの多摩川巨人二軍グランドの河原に入ろうとすると、訳の分からないオッサンが来て、ここは野球関係者以外の車の乗り入れは禁止という。ここを管轄しているのは誰だと尋ねたら建設省という。そこでおまえは建設省の人間かと聞くとそうだと言う。どう見ても乗っている車の横には業者の名前が書いてあったので嘘だと思ったが、こんなやからに文句を言ったところで疲れるだけだ。そのへんの権利関係を後で調べておこう。というわけで丸子の方に行くことにする。丸子橋付近は釣り人や親子づれなどで長閑な空気が流れている。そこで昼食。ベリーもニボシをやる。量は量れなかったが、多分100gぐらいだと思う。食後たっぷり遊んで2時過ぎには出発。帰ってから、ベリー用のバスタオル三枚を洗うため、スーパーに洗剤を買いに行く。ついでにティッシュも切れかかっていたし、あと拭き掃除用にマイペットも買い足す。さらにペットフード関係が2割引だったので、ニボシをニ袋買った。戻るとベリーはバリケンで寝ていた。疲れたのだろう。午後7時、ベリーを散歩に連れ出す。ウンチをするかと思い近所を回っただけであるが、しなかった。帰り道、ヨークシャー・テリアの親子と遭遇する。両親、ニ人の子供の四人家族。子供は九ヶ月とのことであったが、親と大きさは変わらない。本当に小さい犬である。ベリーは見付けるとものすごい勢いで飛び付こうとしたが、なんとか押えた。ベリーが乗っかるとそれだけで押し潰されるかもしれない。加減を知らない子犬だけに、気を付けなければいけない。夕食は朝方の計算に従って500g。食べ終わり、ニボシを50g20gの計70gやってオシマイとする。ドライは水増しされているとはいえ、食器に山盛りの量があっという間に無くなるのを見るのは気持ちがいいものだ。食後、ちょっと遊んでやる。午後11時前に寝かせる。

1127日(日)

今日はベリーが生れて丁度半年の、記念すべき日である。7時半に起床し、ベリーをバリケンから出す。オシッコ、そして丁度いい固さのウンチと立て続けにした。散歩は公園の周りを軽く。朝食は500g出したが、半分は残した。食後、またスノコでないところにウンチをする。短い間隔のニ回目のウンチも、柔らかくない。食事量が多すぎていない証拠である。今後はこのペースを続けよう。ニ回目のウンチをした後、体重を計る。20kgであった。公園などで成犬のラブラドールを見掛けるとベリーは一回り小さいが、体重ベースでいくとまずまず順調であるといえよう。午前中は、天気が良く日差しも柔らかかったので、日光浴をしていた。午後1時、朝食の残りを出す。しばらくは食べようとしなかったので遠くで見ていたら、いきなり食べ始め全部食べた。午後事務所で仕事をしているとカタカタという音がするので窓を開けたらベリーが配線のプラスチックカバーを取って噛み付いているではないか。これはドアホンの配線をカバーしているもので、配線もぶらついた状態になっていた。コード類は絶対に悪戯を許さないと決めているので、ひどく叱る。罰としてサークルに入れておく。夕方、家内と娘が両親のところに泊りに行くため送って行くのでベリーをサークルに入れっぱなしにしておいた。悪戯と罰の因果関係がパブロフの条件反射のように理解してくれればいいのだが。午後7時半に帰宅。早速散歩に連れ出す。今日はベリーと当方だけなので、思う存分散歩させた。途中ウンチ。やや軟便。江戸見坂公園でたっぷり運動する。寒いので軍手をしていったが、ベリーはこれが大のお気に入り。しきりに噛もうとする。別に痛くはないので満足させる。帰宅後夕食。500gを出したが残す。結局食べた量は270gだった。少なかったし、たっぷり運動した後なので、ニボシを50gやる。午後9時半、寝かせるためバリケンに。

1128日(月)

7時前に起床。今日は一人なので先に朝食を済ませ、7時半にバリケンからベリーを出す。オシッコ、ウンチの後散歩。午前9時に出かけるので手短に、近所を周る。朝食は400g。しかし今回も140g残し、結局食べたのは260gだった。外出前にサークルに入れておく。午後2時に帰宅。サークルから出し、オシッコをさせる。最近ではすっかりサークル内で糞尿することがなくなった。成長したのだろう。朝食の残りを出したらペロリと食べたが、それ以上はやらなかった。程なく娘たちが帰ってきて、ひとしきりベリーと遊んでいた。午後7時半、散歩。広場で久し振りに思い切り遊ぶ。最近は寒いせいか、あまり犬を連れた人と出会わない気がする。ベリーも少し可哀想である。夕食は400g。今までにないスピードで平げ、おかわりのポーズ、オスワリをするので100g足した。これもペロリ。50gを追加し食べたのでニボシを50gやる。これでもさらにオカワリ。腹が減っているかどうかを見るポイントとしてここでニボシやスナックではなく、ドライをやって食べれば本当である。そこで50g出したが、一気に食べ干した。いやはや、食べる時の量はすさまじいものがある。結局ドライ600g、ニボシ50gであった。食後しばらくして下の部屋をのぞいたら、バリケンの中に軍手があった。これはテレビの上、今まで位置が高いので安全地帯だと思っていたところであるが、この上にあったものである。それがくわえられたのであるから、もう安全地帯はほとんど残っていない。ほとほと弱った。しかし怒る気力も失せ、軍手をベリーのおもちゃとする。午後10時、バリケンにベリーは既に入っていたのでドアを閉める。

1129日(火)

午前8時半過ぎ、バリケンへ。ドアから出たベリーは大量のオシッコを。続いて硬めのウンチ。大分我慢できるようになった。散歩は公園の回り。園内でウンチ。やや軟便であった。朝食は400g。しかし少しだが残し、遊び始めたので食器を片付ける。残りはまた昼にでもやろう。午前中は今日もいい天気なので、日だまりへ。体高を計った。48cmぐらいだった。正確に計れないのがこんなところだろう。成犬が5457cmなので、まずまずではないか。十ヶ月ぐらいでほぼ成犬並の体型に育つといわれているが、だとすればあと一回りは大きくなるはず。しつけの本番時期である。ただ食欲のむらがあるのは気に掛かるところだ。12時半に朝の残りをやる。外でやった。全部平げ、おかわりを要求したので、ニボシ50gをやる。午後3時、打ち合わせのため出かけるが、帰宅が夜遅くになる予定なので、家内に夕食を託した。帰宅したのは午後10時半。ベリーは尻尾を振って出迎えてくれる。家内から400g食べたとの報告。そこで散歩へ。11時という遅くに出かけるのはあまりないことであるが、ベリーは元気がよかった。途中、自転車でハスキーを連れている方に出会う。というより、ベリーがハスキーに突進していったといった方が正しい。三歳の雄で茶色をベースにした珍しい皮毛だ。聞くと、体重は27kg。生後半年の段階では20kgぐらいで、一回り小さかったとか。ベリーと照らし合わせると同じような状態なので安心する。その後、街をゆっくりと徘徊。たっぷりと歩いた。午前0時に帰宅。少しボールで遊んでやり、0時半にバリケンに入れる。

1130日(水)

午前8時半にバリケンへ。オシッコ、ウンチをして散歩へ。公園を一周して、今日は中原街道に添って少し歩く。朝の街道は車の往来が激しい。しかしあまり驚く気配はない。朝食は500g出した。一度食器から離れたが全部平げ、おかわりを要求。ニボシ50gを追加する。昼過ぎ、ソリッドゴールドジャパン本社に電話する。今後のために正しい食べ方等、聞いておいた方がいいと思ったからだ。電話に出た人は丁寧に応対してくれた。まず水にふやかして与えるのは止めた方がいいということ。理由は水分を含むことによって、胃酸の働きを弱めるからだ。次に生後半年のラブで20kgの体重の場合、との条件付きで一日の理想食餌量を聞いてみたが、これは400450gとのこと。これを朝夕ニ回で割って与える。大事なことは、前回食べなかったからといって次の量を倍にしたり、おかわりするからといって余計に与えすぎないことらしい。一回の量は決まった分だけやることが大事であるとのことであった。またニボシやホネッコなどのスナック類は食後少量ならいいということである。基本的にドライだけで十分とのこと。またドライと同時に水はやらず、食後40分後に与えるべしという。この理由も、水をすぐやると胃酸の働きの促進を阻害するから、らしい。ウンチの状態で量を調節するのはいうまでもない。以上、聞いたことを今夕から実行することにする。午後7時過ぎに、娘と一緒にベリーの散歩。広場でかけっこしたり、十分散歩の時間を取ったりと、運動を十二分にさせた。夕食は言われた通り、ドライのままを200g与えた。一回、食器から離れたが、当方が何もアクションを起こさないので仕方なく全部食べ、おかわりを要求。水にふやかしたドライが残っていたので、100gやる。外に置いてあった水をすぐ飲みに行かせたのは失敗だった。明日から気を付けよう。午後11時、ボール遊びを少しやった後、寝かせた。

121日(木)

夕べ遅くまで仕事をしていたので起きたのは9時前であった。寝坊である。早速ベリーのところへ。バリケンから出した後、中で粗相をしていないことを確認した。本当に我慢できるようになったものだ。オシッコ、そしてウンチ。夕べ考えたのだが、食後40分後に水をやるというのは、毎日実行するにはなかなか難しいものだ。そこで散歩に行く前に食事を与え、帰ってきてから水をやればスムーズに、無理なく行なえると思い、今日から実行するようにする。そこで少し庭で自由運動させた後、朝食。200gを出す。おかわりを頻りに要求するのでニボシ30gを与える。散歩は、娘と一緒に公園の回りを。帰ってから水を飲ませた。その後、家の前の運動場でボール遊び。たっぷり運動した。今日もいい天気だったので、午前中はひなたぼっこ。昼過ぎ、ベリーがまた悪戯をした。ドアホンのコードを止めてある金具を引っこ抜いたのだ。幸い、コードへの影響はなかったが、叱る。サークルに入れておく。適当なところでサークルから出してやったが、しばらくして今度は庭木を悪戯。またサークル行きである。しかし今回は悲しそうに泣いた。余程こたえたのだろう。しばらくしてまた出す。その後はバリケン内で寝ていた。夕食は午後7時。ドライ200gやったが、少し残す。結局食べたのは140gであった。食後散歩へ。散歩と食事の前後が逆になったが、ベリーはあまり気にしている様子はない。午後10時前、バリケンに入れる前に少しボールで遊んであげた。

122日(金)

最近は仕事で夜遅くなることが多いので、どうしても朝起きるのが辛い。今日も8時半過ぎに起床した。バリケンの中で、ベリーはクッションの綿を取り出して遊んでいた。スノコの下に敷いてある新聞紙を取り替えたが、少し湿っていた。多分久しぶりに中でオシッコをしたのだろう。庭のトイレでオシッコ、ウンチを済ますと、今日も朝食を出す。200gをペロリと食べたので、ドライを30g追加してやる。散歩は近所を。広場近くでウンチ。いい便になってきた。前から気になっていたのだが、広場近くの御宅の玄関先に「ここで犬の糞をさせないで下さい」と立て札が立っているところがある。日当たりが悪そうで、雑草が適当に生えているじめじめしたところなのだが、いかにも糞尿させるにピッタリのところなのである。多分、そういう飼い主が多くいたのだろう。当方も思わずさせたくなる場所だけに、その立て札の効用と、その反面興味を喚起させているという功罪両面が感じられた。午前11時、所用のため車で出かける。カーゲートを閉め、庭にベリーを放しておいた。午後1時頃帰宅。プランターの花を一本引っこ抜いたが、特にひどい悪戯はなし。牛乳を300ccほどやる。おいしそうに瞬時に飲み干した。午後7時夕食。200gを食べ、追加30gとニボシ30gをやる。午後11時、寝かすためにバリケンに行ったが、もうすでにバリケン内でウトウトしていた。ドアを閉める。

123日(土)

8時起床。今日は朝一番に電話取材をしなければいけないので、散歩は取り止め。朝食を出す。200gを食べ、追加として30gとニボシ30gを同時にやる。ニボシから食べ始めたが、食べ終ったのはドライの方であった。ニボシに飽きが見えてきたようだ。取材の過程で資料を取りにうかがわなければならなくなり急きょ厚木まで出かけることになった。丁度天気もいいので、ベリーを乗せていくことに。家族も行きたいと言ったので、弁当を急いで作り厚木に向かう。資料はすぐにいただけたので、7月の終わりに、我が家に来たばかりのベリーを連れて行った寄自然休養村所に向かうことにした。着いたのは午後2時過ぎ。山の方はやや曇りがちであった。いつもの場所に着いたのだが、河原には誰もいない。いつもなら立錐の余地が無い程キャンプだのバーベキューだのでいっぱいなのだが、人っこひとりいない。やっぱりシーズンオフだからか、と思いつつ弁当やらベリーの道具などを運ぶ。荷物を置いて食べようとしたところ、向こうから鉄砲を担いだおじさんがやってくるではないか。撃たれたらどうしよう、と思いながら、彼がこちらに向かってくるのはもう明白なので体を彼の方に向けた。彼の方から挨拶した。聞くと今は猟の季節でここらは猟場だという。猪や鹿狩りのため、どう猛な猟犬がこちらの方に来る可能性があるというので、合図をしたら犬を車に入れるように、と言った。食事の用意をしたが、その話を聞いたら、食事も気が気でなかった。ベリーは愛犬元気の缶を開けてやるとあっという間に食べ干した。その時、先のおじさんから合図が出た(ようだ)。最初気が付かなかったが、銃を構えだした。そこで急いでベリーを車に連れていく。当方たちも食事を適当に切り上げ、片付けに入る。流れ玉にでも当たったら洒落じゃあ済まない。とんだピクニックだったが、スリルが味わえた点でマル。午後5時前には家に帰り着いた。午後8時半、ベリーを久し振りに洗う。最近白いものが目立っていたが、どうやらフケらしい。シャンプーしてしっかりと洗う必要がありそうだ。全身水浸しになりながら、風呂場で洗った。シャンプーしたので昨日買った豚肉を水煮にしてあげる。200gの豚肉とその肉汁を一つの食器、牛乳200ccをもう一つの食器に出した。前回の同様のメニューの時もそうだったが、まず肉汁を飲み、肉、そして牛乳という順番で全部平らげた。そのスピードは、おいしいものだと早いという見本のようなものであった。さらにおかわりを要求したので、ドライ30gとニボシ20gを追加する。午後11時、バリケンのドアを閉める。

124日(日)

午前8時前に下に降りる。早速朝食。200gをペロリと食べ、ニボシ30gを追加。バリケンの中で、オシッコした模様。クッションが濡れていた。今日もいい天気なので、水洗いする。ついでにバリケン内もマイペットで洗浄し、ティッシュできれいに拭き上げる。昨日使ったバスタオルも洗う。散歩に行かなくても食後の40分は過ぎてしまい、水をやるとおいしそうに飲む。昨日シャンプーしたばかりなのにフケのようなものが目立つ。しかしこれはフケではなく、どうやらリンスの残りであろう。水できちんと流したつもりだったが、少し付けすぎたのか、全部流せなかったのだろう。そこで濡れタオルで拭いてやる。午後2時前にいちょうを見学に、外苑の絵画館前に出掛ける。見事な程の金色の落ち葉は、ベリーの関心を集めたようだ。娘も一緒になって楽しんでいる。神宮外苑は犬連れの方も多い。ベリーもいろいろな犬と出会って楽しそうだった。夕食は午後6時。200gにニボシ30gをやる。食後散歩へ。帰宅後水を飲ます。午後7時半からは、ボクシング観戦。薬師寺と辰吉の打ち合いは圧巻だったが、辰吉の左目は痛々しかった。午後11時、下に降りる。ベリーは既にバリケンに入っており、ドアを閉める。

125日(月)

午前7時半起床。オシッコ、ウンチをさせる。最近のウンチは持ち上げても下につくことはなくなり、食事の量の丁度いいことが証明された。朝食もドライ200g。しかし今朝は少し食べて大半を残した。計量したら食べた量は60gであった。そのまま食器を片付ける。こういう日もあるのだろう。食後散歩。公園が中心。途中ウンチ。今回もいい便だった。昼、取材のために出かける。帰宅したのは、午後5時半。下の部屋のテーブルに置いてあった書籍がビリビリに破られているのを発見。ひどく叱る。朝食の食いが悪く、従って腹が減ると悪戯をする悪循環。当方が不在であったというのも、それに拍車をかけたのだろう。今後は出かける時に食いが悪かったら、牛乳などをやって調節することにしよう。腹が減っている様子が見受けられたので、夕食とする。少々早いが、朝食の食いが悪かったので仕方ないだろう。200gを出す。しかし何度も中断して遊ぼうとする。その都度オシマイっと言って食器を取り上げようとすると、慌てて食器に顔を突っ込む。いつものパターンだ。これを何度か繰り返した後、全部食べ、おかわりを要求するオスワリのポーズ。そこでニボシ50gを出す。食後散歩。公園には誰もいなかったのでリードを外す。森のところで思い切り匂う。家の前の運動場にも誰もいなかったので自由運動をさせる。すると誰かが忘れたボールをベリーが見付け、ボール遊びをする。適当に切り上げ帰宅。リードを付けないまま、道路を横切らせた。水をがぶ飲みした。午後10時半、バリケンに入れる。

126日(火)

7時半起床。起きてすぐ朝食をやるのは、まだ体が起きていないと思うので、すこしボールで遊んでやる。「マテ」と言ってボールを投げる。「イケ」の合図でボールに向かわせる、という訓練をやった。すぐに出来るようになった。賢い子である。朝食は200g。途中だれたが全部食べる。おかわりのポーズをしたのでニボシ30gをやる。水は当方の朝食が済んでから、と思い、食卓に向かう。水を上げるため下に降りたが、そこでまた阿鼻叫喚。昨日悪戯された書籍が見る影もなくチリチリになっている。水が欲しかったんだと思うが、いけないことはいけないのである。ひどく叱ってサークルに入れる。昼前にサークルから出してやる。しきりに食べたいと要求するので牛乳を200cc上げる。おかわりをするのでドライ50gだけやっておしまいとする。ウンチは午前中三回したが、すべて硬かった。量をもう少し増やしても差し支えないとの判断である。午後は庭でひなたぼっこ。午後7時に夕食。ドライ200gを平らげた後、ニボシ50gを出す。もちろんペロリ。食後散歩へ。公園でリードを外して思い切り匂わせた。途中、姿を隠して「ベリー!」と呼んでみたが、喜んで飛んできた。成長したものである。その後、街を歩く。神社のところでまた自由運動。階段の昇降をたっぷりさせた。帰宅後水を大量に飲む。夜はずっと仕事をしていたので、ベリーのお相手は出来ず。午後11時、寝かす。

127日(水)

午前8時前にバリケンに。いつも通りの行動をし、朝食の前に少々運動させる。朝食は200g。しかし少々残す。何度もオシマイと言って食べることを促したが、結局あと一歩であった。昼頃残りを出してみよう。散歩の前に今日ニ回目のウンチ。硬さは丁度いい。散歩は短め。昼、朝の残りを出す。ニボシ30gを一緒に添える。全部平らげた。午後打ち合わせのため出かける。帰宅したのは午後5時半。当方の夕食後、ベリーに夕食を出す。200gのうち、70g残す。仕方なく食器を片付け、散歩へ。電信柱で他犬のオシッコをしきりに嗅いでいた時、当方多少ぼんやりしていたのか、ベリーが急に歩きだしたら思わずよろけてしまった。最近頓に引っ張る力が強くなってきた。体は小さいが、徐々に成犬に近付いているのだろう。帰宅して水を思い切り飲む。午後9時半、ボールで少し遊んだ後、バリケンに入れ寝かす。

128日(木)

6時半起床。今日は取材のため、7時半に出かけるので、朝食だけやる。出がけに水を食器に注いでやる。帰宅したのは午後5時半。トイレ以外のところでウンチがあったこと以外は、悪戯もなくお利口であった。午後7時半、夕食。200gを平げ、ニボシを70gあげる。食後散歩。公園内を思い切り匂わせる。午後9時半、バリケンに入れる。

129日(金)

7時半に起床。ベリーをバリケンから出してから、急ぎの仕事を片付ける。9時に朝食。トイレにウンチ。最近便が硬すぎるようなので、250gに増やしてあげる。何度も中断したが、全部食べた。食後、散歩を兼ね、所用を済ませる。たっぷり1時間はベリーと一緒に歩き回った勘定だ。散歩中にウンチ。帰宅後水を思い切り飲む。日中は日向ぼっこ。午後7時、夕食。朝と同様250gやる。ダラダラしたがようやく食べ終わり、散歩へ。江戸見坂公園はコンパクトな公園であるが、そこでリードを外し思い切り運動。その後、滑り台の階段を昇るよう促すが、怖くて出来ない。そこでリードで半ば強制的に引っ張ってようやく昇らせる。上に昇ったら昇ったで下に降りるのが怖いらしい。しばらく様子を見ていたが、またリードをもって降りさせる。この行動を三回繰り返した。一度よりニ度、ニ度より三度とうまくなっているが、まだ一匹で昇ることは出来ない。あまり、強制すると昇るのが嫌になると思い、三度で止める。従来からほかの階段は昇るが、家の階段は昇れなかったのであるが、ベリーにはベリーなりの昇れる角度があるのだろう。家の階段の昇降訓練のためにも滑り台の階段の昇り降りは役に立ちそうだ。帰宅して、腹が減っている様子だったので、ニボシ80gをやる。水もたっぷり飲ませた。午後10時前、バリケンに入れる。

1210日(土)

8時にバリケンのドアを開け、ベリーを外に出す。ウンチをするが、今朝も硬め。食事の量を増やしても全く問題ないということだ。朝食、250g出しながら、今日も天気がいいのでクッションを干し、バリケンのスノコを洗い、スノコの下に敷いてある新聞紙を取り替えた。当方が朝食をとって下に降りてみると、ドライが少し残っていた。食べるよう促すが食べようとはしない。そこで残した量を量ってみると20g。つまり230gが朝食の量ということだ。ウンチが硬めでしかもこれ以上食べたくないということなので、今のベリーには230gが適量と判断しても差し支えないだろう。よって今後は、当分この量を基準とする。散歩は娘と一緒に出る。家の前の運動場は、普段、子供か老人のゲートボール場と化しているが、今日は誰も使っていなかったのでここで運動することにする。最初はかけっこ。木片があったのでそれを投げて取りに行かせる。たっぷり運動させたが、口が砂だらけになって少しせき込んでしまった。午後、久し振りに玄関内に入れた。午後3時、打ち合わせのため車で出かけたので、サークルに入れておく。最近、誰かの悪戯でカーゲートを少し開けられていることが一、ニ度あったからだ。ベリーがそこから道路に出ないとも限らない。安全を期してサークルに入れたわけである。本来なら、なにか悪戯をして入れられるそいう相関関係を構築していたのだが、仕方ない。帰宅したのは午後7時半。サークルから出して夕食をあげる。230g。当方も夕食をとり、また食器のところに行ったら全部平らげてあった。散歩へ。公園内を匂わ、街を散策。午後11時、バリケンのドアを閉めた。

1211日(日)

午前8時起床。昨日までとうってかわって、寒い朝である。おまけにどんよりと曇っている。しかしベリーは、寒さをものともせず、元気一杯である。朝食を出す。230g。途中、何度が中断したが、全部平げおかわりを要求。20g追加する。都合250g。散歩へ。公園内を匂わせ、家の前の運動場でボール投げ。適当に切り上げ水をやる。ほどなくして雨が降ってきた。今日は年末の大掃除。ベリーの相手をしてやることはあまり出来ない一日である。ただ、何度かウンチを始末しに下に降りる。総体的にウンチは硬め。食事量が申し分のないことの証明である。牛乳をやらなければ、軟便にはならないようだ。午後7時半、夕食。230gを出すが、少し食べて遊びだす。この繰り返しを2〜3度やったので、食器を片付ける。結局110gしか食べなかった。食べない時は毅然たる態度で食器を片付ける。この姿勢が大切だ。クッションが雨に濡れてしまったので、着なくなったセーターなどボロを何着か、バリケン内に入れてやり、クッションおよび保温目的とする。午後10時前、ベリーを寝かす。

1212日(月)

午前8時起床。朝食は230g。途中、だれたので食器を片付けようとしてが、ベリーが顔を突っ込んできたので、そのままにする。結局全部食べ干した。今朝も寒い朝である。午前中は、娘と一緒に庭と下の部屋で遊んでいた。体重を量る。21kgであった。半月前から比べると1kgの増加。あまり増えなくなってきた。昼過ぎ、商店街へ散歩。今日初めての外出ということもあり、少し歩くと匂いを嗅ぐといった感じで、遅々として進まなかった。帰り道でウンチ。午後6時半、夕食。230gをやる。当方の夕食後、見てみると少し残している。そこで食べるよう促し、全部食べさせた。食後散歩へ。今回もまた商店街方面へ。たっぷりと歩いた。帰って、家内にお願いしておいた豚肉の水煮をベリーに出す。最近、体重の増加が思わしくないので、家内に買ってきてもらったのだ。夕食も終わり、散歩の後に突然のご馳走にベリーは大喜びである。普段よりマテの合図を長くしたせいもあってか、驚くほどのスピードで食べ始めた。いつも通り、汁からすすり始めたのだが、あっという間に食べ尽くした。こうなるとおかわりを要求するのはいつも通りなのだが、今日は既に規定量のドライも食べていたのでこれ以上やることは出来ない。その代わり、ボールを使って遊んでやる。午後10時前、寝かせる。

1213日(火)

7時半起床。昨日、肉汁をたっぷり飲んだせいか、バリケン内はオシッコでびっしょりと濡れていた。濡れた古着を捨て、バスタオルを洗う。スノコの下に敷いてある新聞紙を取り替え、バリケンをマイペットで拭き掃除する。最近では、下の部屋の中で糞尿することもなくなり、久し振りに拭き掃除したという感じである。朝食はいつも通り230g。昨日食べ過ぎなので残すと確信していたが、何度も中断したとはいえ全部平らげた。おかわりを要求したが、食べ過ぎを警戒したので20gだけ追加した。計250g。食後、本日ニ回目のウンチ。しかし点々と4ケ所に散らばっていたウンチの塊の2つが軟便であった。やはり食べすぎるとてきめんである。散歩は公園内の森でリードを外し、匂わせる。今日は天気がいいので庭でひなたぼっこをさせる。夕食は午後7時。230gを食べ終わったので、散歩へ。公園、広場であそばせた後、たっぷりと街を散策した。帰宅後、水をやり、まだ食べ足りなそうだったので、ニボシをやる。最初50g、そして30g。ニボシが全部無くなった。午後11時半、バリケンのドアを閉める。

1214日(水)

夕べ、深夜まで仕事をしていたので、寝坊したが、家内が8時頃にバリケンのドアを開けてくれていた。午前9時過ぎに下に降り、230gやる。寝不足なので散歩は中止。昼過ぎ、洗足池に行く。桜山で走り回った後、池を一周する。児童公園でダルメシアンの子犬に出会う。三ヶ月ぐらいかなと思ったが、聞くと六ヶ月という。ベリーより二回りは小さい。飼い主の方が発育不全だと言っていた。午後4時前、仕事のため車で出かける。ベリーをサークルに入れておこうと思ったが、洗足池で疲れたのか、バリケン内で寝ていたので下の部屋を閉めることにした。部屋の中で糞尿される心配があったが仕方ない。帰宅したのは午後7時。部屋の中は悪戯もしていなければ糞尿もされていなかった。いい子である。ご褒美として豚肉200gの水煮をこさえた。しかしその前にドライ230gである。腹が減っていたのか、割りとすんなり食べ干した。水煮を冷ましている間、散歩へ。途中、雄のマルチーズ、二歳に出会う。遊ばせた。興奮してきたので分かれさせる。帰宅後水を飲ませてから水煮を出す。あっという間に平らげた。今日は満足した一日だったろう。11時半頃、バリケンのドアを閉める。

1215日(木)

午前8時にバリケンへ。230gをペロリと食べた。夕べ豚肉200gを食べさせたので、空腹感がないものと思っていたが、そうではなかった。先日と同様である。散歩に連れ出す。家の前の運動場がゲートボールで占領されていなかったので、ボール遊びをする。ベリーが飽きるまで繰り返した。中でウンチ。軟便もあった。食べ過ぎの結果である。午前中はいい天気だったので庭でひなたぼっこをしていた。昼過ぎ、仕事のため車で出かける。帰宅したのは午後7時前。尻尾を振って出迎えてくれた。夕食は午後7時半。230gを中断しながらようやく食べた。散歩は公園内を一周。午後11時半、寝かせる。

1216日(金)

8時にバリケンへ。朝食を230g出し、促しながら全部食べさせる。散歩は公園内の森で思い切り匂わせた後、人影がいなかったので公園を走らせる。天気が良かったのでバリケン内のクッションなどを虫干し。午前中はひなたぼっこをしていた。午後3時過ぎ、打ち合わせのため車で出かけたので下の部屋に入れておく。午後7時帰宅。何も問題は起こしていなかった。午後7時半、夕食。230gを平げ、散歩へ。寝かせる前に遊んでやる。11時就寝。

1217日(土)

8時にバリケンへ。朝食230g。食後散歩。神社付近で近所の犬好きのおばさんにベリーを可愛がってもらう。その方から数年前死んだ犬の話しをうかがう。16年生きた犬が死ぬ一週間、寝たきりになり、首も上げられなくなるほど憔悴し切ったとのこと。最後には視覚、聴覚、臭覚全部がだめになったが、大の字になって大往生したことを聞かされた。ベリーもやがてそうなるのかと思うと、ブルーになる。午前11時過ぎ、天気がいいので、久し振りに大井海浜公園に出かける。途中スーパーで昼食を買い、午後12時半に着いた。早速昼食を広げた。ベリーにも加工乳500ccとプロセスチーズ100gをやる。さらに煮物も少し与える。いろいろな犬と出会い、思い切り遊ぶ。ニ匹のパグは食事中ベリーに纏わり付いたので追い払うので大変だった。三歳のハスキーには嫌というほど追い掛けられヘトヘトになったかと思ったら、六歳の35kgもある大きいコリーには相手にしてもらえず、一歳半のシュナウツァには終始追い掛け回して困らせた。しまいにはコリー、シュナウツァ、そしてベリーでくんずほぐれつの大暴れ。そこにダックスも加わって、手が付けられないほどになった。ベリーにとっては誠に素晴らしい一日であった。帰り際、四歳のイエローラブと三ヶ月のブラックラブを連れている人がいたので挨拶。特にブラック同士、リードを付けたままであったが、思い切りじゃれさせた。図体はベリーの方がニ回りも大きいのであるが、そこは同じ子犬、精神年齢は一緒の感である。今日、ベリーは二つのテニスボールを自分のものにした。午後2時半、大井海浜公園を後にしたが、そのまま帰らないで城南島の方へ。城南島海浜公園には初めて行く。キャンプ上であるその公園は、シーズンオフということもあり、人影はまばらだったが、東京湾を一望でき、なかなかナイス・ロケーションだ。ベリーはさすがに大井で疲れていた模様だったが、そこは元気なラブである。海が見えたのでまたはしゃいだ。帰宅したのは午後5時半。一応、夕食を200g出してみたが、見向きもせずバリケンで寝入った。相当疲れたのだろう。午後9時頃、もう一度ベリーのところに行く。先程食べなかったので食器を片付けたが、寝て腹が減ったのだろう、食事を要求した。先程のまま200gを出した。結局20g程残し、計180g食べて止める。今日からまたバリケンのドアを開けて寝かせてみる。部屋の中でも糞尿を我慢できるかの実験のためだ。以前トライして失敗している。でもこれが出来るようになったら、どの部屋でも飼うことが出来る。明日の朝が心配だが、午後11時、下の部屋のドアを閉めた。

1218日(日)

午前8時に下に降りる。ベリーはバリケンから頭を少し出して寝ていたが、手をパチンとならすと大きなあくびをしながらノッシと出てきた。部屋をチェックする。糞尿で汚されてはいなかった。褒めてあげる。朝食は230g。しかし80g残す。昨日やや食べ過ぎの感があるから丁度いいのだろう。散歩は駅に向かう桜並木を。帰宅してまた訓練のため下の部屋に閉じ込める。午前11時半、開けてみると、糞尿はしていなかったが、またテーブルの上に置いてあった週刊誌をビリビリに破っていた。叱られる。昼過ぎ、所要のため出かける。また下の部屋にいれておく。帰宅したのは午後6時。糞尿はまたしていなかったが、またテーブルのもの、こんどはビニール袋をビリビリに破いていた。また叱られる。やはり一匹にして閉じ込めるとイライラが募るのだろう。仕方のないことなのかもしれないが、叱ることは必要である。今日は夕食前に散歩。スーパーに行き、加工乳500mlを買う。帰り際、以前神社で会ったことのある1歳半の雄のイエローラブ、リキくんと再会する。ベリーも喜んで思い切りじゃれる。聞くとこの2ケ月で一回り大きくなったという。1歳過ぎても成長することがあることの実例を見た。帰宅後夕食。230gを食べた。40分後、さっき買ってきた加工乳500ccをやる。あっという間に飲み干した。食後は娘と一緒に遊んでいた。午後11時、昨日同様、ドアを開けたまま、寝かす。

1219日(月)

午前8時に下の部屋に。開けた途端、入り口の泥除マットにオシッコの後を見付け、その後方に便が点在しているのを発見した。便は下痢気味で既に何時間も前にされたかのように乾いていた。やはり牛乳のやり過ぎが原因だろう。ベリーをバリケンから出し、叱る。泥除マットを水で洗い、便の始末をした。その間、ベリーはフセの状態にしておいた。朝食は230g。全部食べたが、罰として朝の散歩は取り止めである。午前中はひなたぼっこをしていた。夕方散歩に連れ出す。たっぷりと歩いた。午後7時、夕食。230gを全部食べた。午後10時前、バリケンに入れる。

1220日(火)

午前8時にベリーのところへ。糞尿はなく、褒めてあげる。朝食を230g、ペロリと食べる。最近は食が急に太くなってきたようだ。大きくなるのかもしれない。食後散歩。公園内を匂わせ、街をたっぷりと歩かせた。昼、今日は午後から出かけ、さらに夜遅く帰宅する予定なので豚の水煮を出す。あっという間に食べ干した。午後3時過ぎ、出かける。ベリーを下の部屋に入れておいた。帰宅したのは午後11時半頃。ベリーは思い切り尻尾を振って歓待してくれた。食事を欲しがる仕草をしたのでドライを230g出す。今度もペロリと食べた。食後散歩に連れ出す。公園内には誰もいなかったので匂わせ、思い切り走らせた。その後歩く。帰り際、自宅のすぐそばで以前お目にかかった犬連れの方と歓談する。ベリーを覚えていてくれて、随分大きくなったと言われた。しばらく歓談していたら、すぐ近くでタクシーが止まり、男が降りた。私たちの近くにたたずんでいたので犬好きの方かな、と思っていたら、ブツブツと犬の文句を言っている。酔っ払いの様だ。絡まれるといけないので、その飼い主の方と別れ、自宅に戻る。するとその酔っ払いが家まで付いてきて、「犬はうるさいんだよ」とかなんとかわめいているではないか。ベリーを下の部屋に入れ、「何か用か」と問い質すと「なんでもねえよ」と捨て台詞を吐いて歩きだすのだが、しばらくするとまたわめく。相手にしても仕様がないし、ベリーがまだ食べ足りなそうなので、さらに70gドライをやる。今回もペロリと食べた。都合300g食べたことになる。本当によく食べるようになったものだ。くだんの酔っ払いはようやくいなくなった。しかし頭のおかしいやつが年末には出没するものだ。気を付けるにこしたことはない。今日は遅くなったが、午前0時半頃、電気を消し、寝かせた。


Page Up [U]