ベリー・ザ・ドッグ・サイト365 Days Memorandum



ベリー・ザ・ドッグ・サイト…飼育メモ「ベリーと格闘の365日」


八ヶ月目

1995221日〜1995320日◆

徐々に落ち着きを見せはじめるが悪戯も絶好調!
ノーリードの散歩もだいぶ上手くなった

221日(火)

午前7時半にバリケンから出す。早速糞尿。散歩に出る。自転車で引き運動。江戸見坂公園で自由運動をさせた後、神社付近で自転車をふんばって止め、ウンチ。朝一番と違い、軟便だった。食事量が多くないのに柔らかいのは、やはりニボシのとりすぎか。カルシウムを多くとると、便が柔らかくなると、以前ハスキーのシーザーの飼い主の方から教えていただいたことがある。獣医から聞いたとのこと。そこで当分は、ニボシを連日与えることをやめようと思う。帰宅後朝食。260gを出す。全部平らげる。午後2時過ぎ亡き母の命日が近付いているので墓参りに出かける。ベリーも同乗。夕食は午後6時。200gを出すが全部食べる。午後7時過ぎに散歩。公園で自由運動の後、いつものコース。午後10時に寝かす。

222日(水)

午前7時半にバリケンへ。オシッコ、そしてウンチ。家の前の運動場でボールと棒を投げて取ってこいをさせる。八回までやって飽きる。その後朝食。260gをやるが平らげる。今日はいい天気なので、日中、ひなたぼっこをしていた。午後6時に夕食。200gを平らげる。最近食が安定してきたようだ。午後7時半に散歩。いつものコース。午後11時に寝かせる。

223日(木)

午前7時半にバリケンへ。今日は朝出かけるので、散歩は手短に済ませ、朝食。260gを平らげる。午前9時過ぎ、出かける。ベリーは庭に置いておいた。帰宅したのは午後4時。午後5時に来客。ベリーが興奮して纏わり付く。午後6時、共に横浜関内に取材に出向くため、その前に少々散歩。広場で棒切れのトッテコイをさせる。夕食は200gとニボシ30g。帰宅したのは午前0時。早速ベリーにオシッコをさせ、寝かす。

224日(金)

午前7時半にバリケンから出す。昨日、全体的に運動量が少なめだったので、朝の散歩をたっぷり取った。公園で自由運動させた後、いつものコースをノーリード。夜と違い、人通り車の往来とも多いので注意したが特に問題はなし。朝食は260g。今日もきれいに食べる。午前11時半、打ち合わせのため、車で出かける。カーゲートを閉め、庭に出しておく。午後3時半帰宅。今日は母の命日のため、長姉と甥が来た。午後5時二人を連れて墓参り。娘とベリーも一緒に連れていく。先日も行ったし、もう何度目かの場所なので、ベリーも心得たものだ。ノーリードでも安心である。悪戯もしない。午後6時に夕食。200gを食べた。午後7時半散歩。公園で自由運動していると、シーザーがやってきた。生理中であることを断ったので、ベリーはノーリードだが、シーザーはリードを付けたまま。恐縮する。しかし双方いつものようにたっぷりとじゃれあう。聞くと昨日満一歳の誕生日を迎えたとのこと。シーザーも子供卒業の時期である。シーザーは林試の森の帰りらしく、程なく疲れたのか横になってしまった。ベリーはまだじゃれあいたかった様子だが、別れる。その後いつものコース。午後11時頃、寝かす。

225日(土)

午前8時に起床。早速バリケンへ。今日は伊豆河津に、友人である菊地氏の取引先かつ親友であるカイト社のピーター、ヴィヴィア夫妻を慰労しに出向く。一泊旅行である。ベリーも連れていくことにしている。当方も一度英国の夫妻宅を訪問したことがあるが、広大な庭に愛犬のゴールデン二匹を放し飼いにしており、おまけに犬舎も住宅事情の悪い日本の家屋並みの広さ。まあ、ベリーの環境とは雲泥の差であるが、夫妻ともども私以上にベリーと会うのを楽しみにしていたからだ。出かける前に散歩。公園内を自由運動。朝食260gをきれいに平らげる。旅行用に、ドライ460gとニボシ60g、それにひな鶏レバーを二缶用意する。午後2時半、車で出かける。途中、昼食やら給油やらでベリーを車に一匹にさせるが問題は無し。東名は空いていて、沼津まで1時間少々で到着する。途中御殿場付近から雪に出会い、緊張した。しかしその後が地獄であった。ひどい渋滞に巻き込まれたのである。雨も降っていた。清水町あたりでベリーが何かを訴える泣き声をしたので、マクドナルドで車を止めた。かなりな量のオシッコをした。我慢していたのだろう。ウンチはしなかった。その後も136号線は渋滞が続き、大仁、修善寺とノロノロであった。ようやく修善寺を越えた辺りからスムーズに流れ始めたが、あいにくの悪天気のため、日の入りが早く、湯が島辺りで暗くなってしまった。天城峠は雪、それに路面凍結でチェーン装着の表示が出ていたが、行き交う車に装着しているものが見当たらなかったので、そのまま行く。幸いにも前三台先に観光バスが走っていて時速20kmぐらいのノロノロだったので助かった。普段ならイラツクところだが、こういう悪条件のときは、何かと心強い。河津の目的地に付いたのが午後7時を少々回っていた。車から降ろすとウンチ、そしてオシッコ。我慢していたのだろう。早速ピーター夫妻にベリーを紹介した。ベリーの寝床を宿の主人に頼んで、風呂場に用意してもらう。菊池氏がダンボールで寝床をこさえた。感謝である。寝床が出来上がったので夕食。200g相当を食べさせる。夜、一度だけオシッコをさせに連れて出る。不安からか、それとも当方たちが宴会で盛り上がって自分だけ仲間はずれされていると思っているのか、心細げな泣き声を発していた。

226日(日)

夕べ深酒したが、午前7時過ぎに目が覚めた。やはりベリーが心配だったのだろう。ベリーのところに行ってみると、ウンチの跡、それにダンボールを噛みちぎった跡があった。一匹で不安だったのだろう、仕方のないことだ。オシッコ、そしてウンチをさせた。持ってきたドライの残りを全部出す。しかし半分ほど残す。午前8時半、ピーター夫妻と再会を約し、皆よりも一足先に宿を出る。天気予報は雨、もしくは雪だったし、昨日の天城峠のこともあったので、帰りは東海岸線にする。ただ、河津は雨もまだ降っていなかった。135号線は車も少なく快適に飛ばせた。しかしカーラジオから聞こえてくる東京の天気は雪。途中から渋滞するだろうとの思いから空いている時に出来るだけ東京に近付きたいと、当方の朝食を伸ばした。伊東あたりから徐々に車の量が多くなってきた。そこで以前行ったことのある伊東と熱海の中間にある小山海浜公園に車を止め、朝食にする。午前9時半である。ベリーにも先程の残りとニボシ60gをやる。もちろん全部食べた。海に面した公園は非常に寒かったが、芝生が多く、ベリーの格好の遊び場である。オシッコはしたがウンチはしなかった。そこに30分強いた。熱海から渋滞。真鶴有料は渋滞13kmとの表示があったので一般道を使い、さらに裏道を使ったが、それでも小田原に着いた時点で正午になっていた。西湘バイパスは交通量が少なく、湘南まで30分ほどで到着。先日行った辻堂海浜公園でベリーを遊ばす。ウンチもした。ゴールデンの四歳のジョイとたっぷり遊んでもらう。そこを30分ほどで切り上げ、江の島で昼食を取り、横浜新道、第三京浜を使い、帰宅したのは午後3時半頃。ベリーは疲れたのか、すぐバリケンに入った。午後7時夕食。200gを平らげ、さらにおかわりを要求。結局320g食べた。食後散歩。公園からいつものコース。昨晩、慣れないところで泊まったせいか、多少言うことを聞かない面があったので、途中からリードを付けたりもした。ただしリードを付けると見事に伴歩するので、そうすればリードを外す。一度リードを付けると、二度と付けてもらいたくないので、ツケの命令を見事に聞くわけである。やはりこの犬は、リードが嫌いなのだ。午後11時、寝かそうと思って下の部屋に行くと、テーブルのものを悪戯して、ビリビリに破いていた。夕べのストレスだとは思うが、厳しく叱る。その後思い切り愛撫してから寝かす。

227日(月)

午前6時、ベリーが吠えていると家内が当方を起こした。行ってみると体をくゆらせ、尻尾を千切れんばかりに降っている。出すとトイレに一目散。大量のウンチである。しかし途中から軟便。違う場所にも軟便をした。夕べのドライの食べ過ぎとニボシの与えすぎが原因か。午前8時半、朝食。260gを出すが、半分ほど残した。軟便だった後なので、無理させず、食器を片付ける。昨日とうって変わっていい天気である。ベリー関連の洗濯をする。午前中は娘がベリーと一緒に遊んでいたので散歩はしなかった。今日はベリーの誕生九ヶ月目である。そこで体重を量る。23.5kgであった。増加が止まったようだ。ところで今月十日に始まった生理であるが、今日あたりはもうほとんど血が出ていない。陰部のはれは相変わらずだが、もう17日目であることだし、終わったと断定してもいいのではないだろうか。まだ受胎危険時期であることには違いないので、注意は引き続き怠りなきよう気を付けよう。午後6時夕食。朝方の残りを出したが全部平げ、おかわりを要求。下痢が心配だったが一日の目安であり夕食の量である200gを出す。予想に反して全部平らげた。午後8時、散歩に連れ出す。公園で自由運動をさせ、たっぷり匂わせた後、いつものコース。公園で棒切れを拾ってきてくわえて歩き始めたベリーは、驚くなかれ当方にぴたっと寄り添って歩くではないか。いつもならあっちを匂い、こっちを匂いで全くペースを乱されるのにである。あまりの驚きに、うれしくなってきた。いつも以上に頭を撫でてやりながら、歩かせる。いつもなら匂う電信柱も匂わず、後ろ髪を引かれながらも我慢して当方と歩調を合わせているといった感じだ。そういう態度をとられると、当方としても甘くなってしまい、時々立ち止り思い切り匂わせてしまう。しかし一度こうして匂うのを許してしまうと、あとは徐々にではあるが歩調を乱してくる。やはり犬だけに、この辺の頃合いが難しい。途中で雨が降ってきた。急いで走り出し家に向かう。帰り際、コンビニに寄り、牛乳を買って帰る。今日は大変いい子だったので帰宅して、先程の牛乳を200ccご褒美にあげる。もちろん瞬時に飲み干した。午後10時、寝かせる。

228日(火)

昨日同様、午前6時前に家内に起こされる。また、ベリーが吠えているようだ。早速下の部屋に降り、バリケンのドアを開けると一目散にトイレに行った。昨日同様、大量のウンチ。そして最後の方は軟便である。出切らなかったのか、別の場所にもする。こちらは全部軟便。眠い目をこすり始末する。夕べ一気に食べすぎたからか、それともやはり牛乳が原因か。どちらにしても、460gという一日の目安をオーバーするとこういう結果に終わることが明らかになったようだ。下痢気味ということもあり、朝食をあげるのを躊躇したが、午前9時半にあげてみる。意に反し、260gをペロリと平らげた。朝方、用を足しに、散歩がてらベリーを自転車で引いて行く。最初は洗足。一度戻り、続いて武蔵小山。あまり走りたくないようだったが、リードを瞬間的に引っ張り走るのを強制した。それを何度が続けると、うまく走れるようになった。幸い、行き帰りとも糞尿で自転車を引っ張られることもなく済んだ。帰り際、近所の肉屋に寄り、ベリー用に豚骨250gを買う。夕食は朝方買ってきた豚骨。熱湯で煮てさます間、午後7時頃散歩に出かける。公園には人がまだいたのであまり自由に運動させられなかった。その後いつものコース。昨日はきちんと並んで歩けたのに、今日はテンでだめである。二つのことが考えられる。一つは歩く前に思い切り匂わせられなかったこと、もう一つは口にくわえるものがなかったことだ。特に後者は、ものを加えて運ぶという一つの仕事を果たすため、ほかのものに気を取られない結果になるのではないだろうか。今後の課題である。途中、二歳の雄のシュナウツアー、ピカソとじゃれあう。たっぷり小一時間ほど歩いて帰ってきたので、豚骨の水煮が丁度いい具合に冷えていた。早速夕食である。まず煮汁を飲ませ、骨を出す。形が扇型だったので最初は噛みにくそうだったが、それでも徐々に噛み砕いていく。その過程が面白かったので、最後まで観察することにした。全体の九割を噛み尽くすまで20分程しかかからなかったが、芯というか固い部分があってその部分との悪戦苦闘がそれから40分ほど要した。小さくなったので、両前足でうまくはさめないというのもうまくいかない要因である。途中、当方が食べやすいようにと、小さくなった骨を床に持っていくのだが、それをベリーはステンレスの食器の中に入れる。小さい頃から食事は食器で、との訓練が実になった証明である。ステンレスの食器は骨とぶつかって音がし、またすべってますます食べづらくなるのに、である。1時間ほど経った頃、とうとうベリーは諦めた。そこで残った煮汁を飲ませ、食器を片付け、骨をバリケンの毛布の上に置いた。そうすると、ベリーは安心したように、バリケン内でまた骨をむしゃぶりつき始めた。昨日の朝、そして今朝のことがあったので、バリケンのドアを閉めるのを出来るだけ遅らせた。午前1時、当方が寝る時に合わせ、閉めに行ったら、まだベリーは起きていたようだ。糞尿を促すがせず。寝かせる。

31日(水)

午前8時にバリケンへ。夕べ遅くまで起こしていたせいか、今日は三日ぶりに早朝吠えて起こされるということもなく朝を迎えられた。あいにくの雨である。東京は夜のうちに降った雪がうっすらと積もっている。先日も雪の日があったが、ほとんど積もるということがなかったので、ベリーにとってみれば、本当の意味で初の雪体験である。ところがベリーであるが、最初は積もった雪のところに行くのを躊躇していた。雨も降っているし散歩を躊躇したが、いい機会だと思って外に出ると、最初は恐る恐るの歩行がしまいには駆け足に変わった。面白いらしい。公園ではまだ荒らされていない雪がたくさんあり、雨にもめげずベリーは大いに運動した。当方、普通のスニーカーだったのでびしょぬれになってしまい、適当に切り上げ、朝食とする。260gを出すがペロリ。おかわりを要求したので40g追加した。午前10時半、流しに置いていたおもちゃのジョウロをバリケン内でバラバラにしているのを発見。夕べ、豚骨をバリバリ噛み砕いていたのだから、その延長なのか、と今朝は鷹揚に構えることが出来た。庭の道路側にウンチを発見。これも夕べの豚骨の影響で、白いウンチであった。カルシウムを取り過ぎた様だ。午後6時、夕食。200gを出す。全部平らげる。午後7時半散歩。いつもよりたっぷり歩いた。昨日同様、あまりうまく付いてこれなかったが、リードを付けようという素振りを見せると頭を下げ嫌がり、その後はしばらく言うことを聞く。家の近くの歩道で、ハスキーのシーザーと出会う。いつものようにじゃれあい。といっても一方的にベリーが逃げるといった表現が正しい。それにもめげず、また突っ込んでいく。この繰り返しだ。適当なところで両犬を引き離す。午後11時、寝かす。

32日(木)

午前8時半にバリケンから出す。朝一番でウンチ。もう白っぽくはなかった。散歩は公園が老人たちのゲートボールでふさがれていたので、家の前の運動場で棒切れの取ってこいをさせる。今日は五回で飽きる。朝食260g。きれいに平らげる。午前11時、ホースのシャワーヘッドをかみ砕き壊す。ひどく叱られ、サークル内に閉込められる。腹が減っているのかと思い、一昨日の肉汁を暖めて飲ませる。約400ccほど。おいしそうにあっという間に飲み干した。味が付いているとおいしいのだろう。散歩がてら夕方6時過ぎに旗の台まで自転車で行く。最初に公園に寄り、糞尿をさせる。自由に当たりを匂わせてから向かう。旗の台の小さな公園でまた遊ぶ。行き帰りともベリーはうまく併走出来た。帰宅後夕食。200gを平らげる。今日のウンチはすべて快調。量さえうまく調整できれば、便は申し分ない。食後、下の部屋で娘がしばらくベリーと遊んでいた。最近では娘の「オスワリ」、「マテ」、「フセ」などの命令にきちんと服従するようになった。生理はすっかり止まったようだ。そろそろ予定していた避妊手術の時期が現実のものとなってきた感である。午後11時、寝かす。

33日(金)

午前8時、先日の肉汁を暖めておく。バリケンから出すといの一番にウンチ。今朝も普通便である。朝食にする。260gをペロリと食べおかわり。40gを追加する。さらにニボシを30gやっておしまい。食後、散歩へ。公園に入ると一目散にいつもの場所でオシッコをした。よほどやりたかったのだろう、大量だった。排水溝でやらせようとしていることがベリーの負担になっているのだろうか。徐々にを心掛けよう。その後自由運動。追いかけっこをたっぷりとやる。林のほうのいつもの糞尿場所で本日二回目のウンチ。これまた普通便である。食事量と便の硬軟の因果関係はもう疑いようがない。水が飲みたいらしく、公園の水飲み場の蛇口にスタンバイしているが、今朝暖めた肉汁があるので我慢させる。帰宅後、約400ccほどの肉汁を出すが、おいしそうに全部飲んでしまった。先程の因果関係で言うと、便が柔らかくなるかもしれない。今日は午後に打ち合わせがあるので、昼前に出かける。帰宅したのは午後7時。早速夕食。200gを平らげる。午後8時半散歩。公園で思い切り匂いをかがせ、自由運動。ウンチは案の定やや軟便だった。いつものコースを歩いていたら雨が降ってきたので大至急駆け足で帰る。午後11時、寝かせる。

34日(土)

午前8時にバリケンのドアを開ける。今朝は雪。寒い朝である。ベリーは早速トイレでオシッコ。そして排水溝の近くで大量のウンチ。普通便だった。散歩は中止。朝食は260gを平げ、おかわりの90gも平らげた。さらにニボシ30gでおしまい。午前10時前、またまた悪戯。今度はスチール家具の上に載せてあるものを床にばらまき、かみ砕いていた。その中には食器洗い洗剤も含まれており、ご丁寧にもバリケン内が洗剤で湿っていた。ひどく叱られ、サークルに閉込められる。数分後に出してやる。打合せのため出かけるので下の部屋に入れておく。悪戯の後だったので心配だったが、雪が降っているので外に置いておくわけにはいかない。帰宅したのは午後7時。家内と娘は両親宅に泊りに既に出かけていた。部屋を覗くと、悪戯は特になし。しかしサークル内で、オシッコ、ウンチをしていた。長時間だったのでまあ仕方がないだろう。糞尿の始末をしてから夕食。朝方食べ過ぎだったのでどうかと思ったが、200gを残さず食べた。夕方から雨も上がったので、散歩に出る。雨上りは気持ちがいい。ベリーも同様であろう。しかも今朝は散歩をしていないから尚更である。公園でたっぷり運動して散歩もいつもより長めにとった。午後11時、寝かせる。

35日(日)

夕べ遅くまでテレビを見ていたので寝坊した。午前9時前にバリケンへ。ベリーは早速糞尿をする。おなかが空いている様子だったのでまず朝食。260gを平げおかわりを要求。今日はひな鶏レバー160gをあげる。こちらもおいしいのか瞬時に食べ干した。さらにニボシ30gをやっておしまい。食べ過ぎである。いい天気だったので、午前11時前に洗足池に。久し振りである。桜山にはもう遅いので四頭しかいなかった。シェパードのサリーと柴二頭である。うち一頭はルナといって五ヶ月の雌。いたって元気で、ベリーと思い切り追いかけっこをした。ベリーにとって久しぶりの全力疾走である。あとから雄のイエローラブとシェルティが来たが、生理後の妊娠危険期間ということもあり、早々に引上げた。疲れたのか、帰りの走りはイマイチであった。午後1時前、家内たちを迎えに両親宅へ。もちろんベリーも同乗である。1時間ほどでお暇する。自由が丘に寄り、LLビーンでベリーのドッグベッドを買う。上で生活する時のためのものだ。夕方6時に夕食。今日から朝夕のドライの比率を変えることとする。朝の量を増やし夕食を減らすのだ。近い将来、朝食だけにする準備である。今後当分の間、150gとする。もちろんペロリと食べた。午後7時散歩へ。夕方から雨が降って来たがこの時間にはもうあがっていた。公園で思い切り匂わせ、いつものコース。途中、ラブのリキ君と出会いじゃれあう。午後10時に寝かす。

36日(月)

午前7時半にバリケンから出す。早速糞尿。散歩に出る。家の前の運動場でフリスビーを用いて取ってこいを五回ほどさせてから公園へ。人がいたので適当に切り上げる。朝食は今日から多めにし、310gに。昨日から夕食をへらしているのでペロリと食べた。ニボシ30gを追加しておしまい。最近、食いがいいが、増減するので難しい。食べすぎると下痢をするし、少なくても不満から悪戯をしてしまう。当分頭を悩ますことになるだろう。午前中はいい天気だったので庭でひなたぼっこをしていた。夕方5時過ぎ、娘と一緒にベリーのために近所の肉屋に牛骨を買いに行く。食い易いようにと適当な長さに切ってくれた。六つに切ってくれてその合計が480gであった。つまり一本当たり約80gである。その30分後に夕食。昨日同様150gをやる。もちろん早いペースで食べ切った。午後7時散歩。公園で自由運動の後、いつものコース。今日は今までになく、歩きが気ままだった。いつもなら当方が先に歩いて姿が見えなくなると慌てて付いてくるといった案配だったのだが、匂うのが面白いのか、それとも夕食の量を減らしたために何かありつきたいと虎視眈々と狙っているのか、はたまたノーリードと散歩のコースに慣れて自分のペースというものを確立したのか。一番目以外の理由なら要注意である。一度は、あまりに距離が離れ、曲がり角で当方を見失い、逆の方向に走っていった。それでも当方を見付けられないとその場に立ち尽くす。そこで「ベリー、オイデ」と叫ぶ。そうすると全力疾走でやってくる。その後は「ツケ」で家まで帰った。先程買ってきた牛骨を熱湯に浸し、ベリーにあげる。食べる様を娘と一緒に見ていた。始めはなかなか噛み切れないが、徐々に細かく砕いていく。だれが教えた訳ではないのに、うまいものだ。先日の豚骨は食べづらい形をしていたのでなかなか全部食べ切れなかったが、食べ易いように切ってくれたので、20分ぐらいで平らげた。娘も感心していたようだ。午後11時半過ぎ、寝かせる。

37日(火)

午前7時半、バリケンから出す。豚骨を食べた翌日のウンチは、白いウンチをしたが、今朝一番のウンチは色といい形といい全くの普通便であった。公園に連れていき、追いかけっこ。人がいたので適当に切り上げる。朝食は310g。もちろん全部平らげた。まだ欲しいようだったが、あとで牛骨をあげるので我慢させる。午前9時半、牛骨をあげようと下の部屋に降りてみたら、またスチール家具の上に載せてある雑誌等を悪戯。ビリビリに破かれたものが散乱していた。そこで牛骨を見せた後、散乱した雑誌類を指差し、「ダメ」と指摘。牛骨はおあづけとする。ベリーは非常に残念そうな顔をしていた。今までは体罰をしていたが、それが効果がないことは、怒っても悪戯が繰り返されることでどうやら証明されたようだ。食べ物でつるということはあまりいいことだとは思えないが、ある時期だけに限定するという条件付きで、やってみることにした。午前11時、来客。下の部屋で業務をする関係で、ベリーを部屋からシャットアウト。そこで気を紛らせるため、くだんの骨をやる。骨をやってから10分ほどしただろうか、ベリーが爪でドアをしきりに掻く音に邪魔される。そこで骨を入れた食器のところに行ってみると骨がない。まさかもう食べたわけではあるまい、どこぞやに隠したに違いないと思ってあたりを見渡したがどうも隠した気配はない。するとやはり食べたのである。昨日より倍は早いスピードである。驚く。午後5時半、少し早いが腹が減っている様子なので夕食とする。150gをペロリと食べた。午後7時半、家族全員と久し振りに散歩。江戸見坂公園で遊ぶ。家族、とりわけ娘が一緒だとベリーは言うことをとたんに聞かなくなる。仕方なく半分以上、リードをつないだ。途中でウンチ。今日はウンチを五回したが、すべて普通便。色も普通だった。量は申し分ないといったところである。午後10時半、寝かせる。

38日(水)

午前7時半バリケンから出す。今日は午前中出かけるので家の前の運動場でフリスビーを投げて遊ぼうとしたが、たまたま忘れ物のボールが置いてあり、ベリーはそちらに夢中になった。従ってフリスビーを投げても関心を示さなかったのである。朝食は310g。ペロリと食べた。もっと欲しそうだったが止める。車を十二ヶ月点検に出すので碑文谷の工場へ午前9時半に出かける。その後打ち合わせのため、帰宅したのは午後4時。ウンチがトイレと道路際の二ヶ所にしてあった。どちらもつかむと形が崩れるぐらいの乾燥状態である。極端に言えば砂を固めたような。最近の食いの良さを考えると、食事量が少ないのかもしれない。もう少し様子を見よう。午後6時前に夕食。150gをやるが今回もペロリ。今日は食後に娘も連れて散歩に出る。公園で思い切りかけっこ。匂いも十分に嗅がせた。その後いつものコースを多少短縮して歩く。午後8時過ぎ、牛骨一本を熱湯で消毒しあげる。もちろんおいしそうに噛み砕いた。ものの五分で食べ干す。その後、横に寝かせ、十二分に撫でてやる。満足したのか、自分からバリケンに入っていった。いつもより少し早いが午後9時、寝かせる。

39日(木)

午前7時にバリケンへ。いつもより少しだけ早いので散歩を充分にする。公園で自由運動させた後、夜のいつものコース。帰宅後朝食。310gを勢いよく食べた。日中は相手を出来ず。午後5時前、娘を連れ、碑文谷まで車を受取りに歩いて出かける。商店街より先はベリーにとって初めてのコースなので少し歩いては匂い、また少し歩いては匂いの連続で1時間弱かかって到着した。帰りは車。途中碑文谷の公園で遊ぶ。午後6時半に帰宅。早速夕食にする。150gを平らげる。そろそろソリッドゴールドが切れかかったので、ペットハートステーションに50ポンドを発注する。配達はニ日後ということ。午後10時前、寝かせる。

310日(金)

午前7時半にバリケンから出す。昨日と打って変わり雨模様の寒い朝である。散歩は公園だけにした。公園で当たりを匂っていると豆柴の雌の豆ちゃんとじゃれあう。まだ五ヶ月の小さい犬である。聞くと何度かカーゲートごしから匂いをかぐ仲だという。雨が降りだしたので別れて家に。朝食とする。310gを食べ、まだ欲しそうだったが、後ほど牛骨をやろうと思ったので我慢させた。1時間後に牛骨をやる。昼過ぎ出かける。帰宅したのは午後6時前。雨は依然として降り続いていた。早速夕食。150gをやる。雨のため散歩は中止。1時間ほどしてベリーの様子を見てみると、散歩に行けなかったからか、悪戯をしていた。叱る。午後9時半、バリケンに入って横になったのでそのまま寝かせる。

311日(土)

午前7時にバリケンから出す。昨日、散歩が出来なかったので、たっぷり1時間かけて公園、そしていつものコースと歩く。朝食は260g。そしてひな鶏レバー160g缶。もちろん瞬時に食べ干した。午前11時前、打ち合わせのため出かける。帰宅したのは午後5時。一昨日発注しておいたソリッドゴールドが届いていた。着替後、散歩へ。公園内を匂わせていたら、ハスキーのシーザーがやってきた。そこで遊ばせる。といってもベリーがちょっかいを出し、シーザーに追い掛け回られ、またベリーが突進するといった案配だ。まだ受胎危険期間なので、シーザーはリードを付けてもらったまま。シーザーにはどうあがいても勝てないベリーだが、それでもしつこく食い下がる。しまいにはシーザーが疲れて横になった。30分ほどたっぷりと遊んで別れた。ベリーもヘトヘトである。そのため少し散歩して帰る。夕食は150g。もちろん全部平らげた。ここのところ、ウンチはズッと正常である。この調子だと多少ドライの量を増やしても差し支えないかもしれない。午後9時半、寝かせる。

312日(日)

午前8時過ぎにバリケンへ。今日は午前中、久し振りに洗足池に行こうと思っているので、すぐ朝食にする。ドライの量であるが、便が硬めになってきているので、350g出してみた。途中一休みを入れたが、全部平げおかわりを要求。そこでニボシ30gを追加してやる。午前9時半、洗足池に向かう。自転車の引き運動はだいぶうまくなってきてはいるが、他の犬と比べると走りが悪い。走りというよりは早歩きといった感じである。なぜ自転車だと走れないのかは、今後の課題である。午前10時前にいつもの桜山に到着する。まだ誰も来ていない。仕方なくベリーと棒切れを投げて遊んでいると、先日じゃれあった柴のルナがやって来た。早速チェイス。たっぷりじゃれあった。続いて二匹のプードル。それにゴールデンのユメがやって来た。さらにゴールデンの雄のジョンが。ジョンは早速ベリーの陰部を匂い始めた。聞くとジョンは十ヶ月。ベリーとそんなに変わらないのに、サイズは一回りも二回りも大きい。体重は30kgをゆうに越えているとのこと。改めてベリーのこぶりを認識する。10時半過ぎに桜山を出た。今日は家内と娘の三人で出かけるので、ベリーは留守番。庭に置いておいた。帰宅したのは午後5時半。特に悪戯はなし。ウンチがトイレにしてあったが、普通便であった。午後6時夕食。150gをペロリと平らげる。午後7時過ぎに散歩。公園で匂わせる。ウンチをしたが、少し軟便気味であった。ドライの量を増やしたためか、ニボシが原因か。午後9時半、寝かせる。

313日(月)

午前7時半にバリケンから出す。ウンチは普通便。散歩に出る。公園で自由運動。30分弱程で帰宅。朝食は330g。ペロリと食べる。もっと欲しがるが、ニボシを今日はやらない方針なので、ドライを増量した。20gをやるが少なすぎて問題外という顔をしてお変わりを要求。そこで50g足す。まだ不満のようだ。おすわりのポーズを取り、いかにも欲しそうな表情を見せている。そこでさらに50gを追加した。結局450gやったことになる。もちろん最後のおかわりも全部平らげた。さすがにこれ以上はと思い、おしまいにする。これで軟便をしたらドライのやり過ぎということになろう。昼頃、買物のため、長原まで自転車で行く。ベリーを引いていった。今日もうまく走れない。先天的なものなのだろうか。午後6時、夕食。150gを平らげる。食後に散歩。公園で遊ばせた後、いつもの違う道をリードを付けて歩く。その後、不満そうなのでいつものコースをノーリードで。公園で便をしたが、やや柔らかめ。さすがにそうだろう。明日はもう少し少なめにやろう。途中、以前あったことのあるブラックラブのクマと出会う。ベリーの匂いにひかれたのだろうか、強い力で飼い主を困らせていた。それから数分後、自転車で引かれたブラックラブと遭遇。今度は雌で六歳という。サイズもベリーとあまり変わらない。ただ骨格がやはりベリーに比べしっかりしているなという印象を持った。午後9時半、寝かす。

314日(火)

午前7時にバリケンへ。ウンチを大量にするが、普通便だった。散歩へ。公園で自由運動させた後、いつものコースをたっぷりと歩く。途中、道路で犬に吠えられ、後退りしたときに車が走ってきて、ヒヤリとさせられた。きつく注意する。朝食は360g。全部食べる。今日は昨日と違いいい天気なので、たまっていた洗濯をする。ベリーものんびりひなたぼっこ。体重を量ってみた。なんと25kgであった。半月前に比べて1kg以上の増加である。暖かくなってきて、一度止まったかのようにみえた体重がまた増えていくのかもしれない。昼頃、ブラッシングを兼ね、愛撫してやる。午後6時に散歩。公園でテレビドラマの撮影が行なわれており、たくさんの人がいた。そのため、早々に引上げる。いつものコース。今日は非常にうまく付いてこれた。途中、リードを付けた犬と出くわしても、フセ、マテの合図に柔順に従う。お利口さんであった。帰宅後夕食。150gを平らげる。午後7時半に相手をしてやる。30分程で疲れたのか、バリケン内に入ったので、そのままバリケンのドアを閉め、寝かせた。

315日(水)

寝坊して午前8時半にバリケンから出す。早速朝食。350gを平げ、100gを追加。それも食べてさらに50gをおかわりした。都合450gを食べた。その後散歩。公園でたっぷり自由運動させた後、ノーリードで広場へ。そこでも運動させる。ただ最近、やや食べ過ぎの感があるせいか、少し運動するとすぐ舌を出してハアハアいう。肥満傾向に陥ったのかもしれない。気を付けよう。午前11時、車で出かけるので、庭に出しておく。午後1時帰宅したが、別段悪戯はなし。夕方の6時に夕食。150gを平らげる。午後7時過ぎに散歩。寒さも和らいできたからか、この時間でも公園には人がいて、あちこちで談笑している。そのため、公園を素通りして広場に向かう。そこで自由運動。その後はいつものコース。午後10時頃、寝かす。

316日(木)

午前7時半にバリケンから出す。朝一番でウンチ。普通便である。今週の月曜日から、ドライの量が多くなったが、便にそれほど影響はない。一、二度軟便が出たが、ほんの一時的なものである。便から判断するかぎりにおいては、量の問題はないのであろう。しかしながら先日も述べたが、運動すると息切れしやすい感じを受けるのは、直接的には食べ過ぎが原因なのかもしれない。しかし便の様子からは食べ過ぎを指摘できないわけで、適量というものがいかに難しいか、ということなのだろう。早速朝食。350gをペロリと食べたが、今日は50gだけ追加してやめる。食後の散歩は家の前の運動場で棒切れの取ってこいを五回ほどやった後、いつもと少し違うコースをノーリードで。今日は殊の外匂う行為に没頭していて、当方のオイデの命令に何度も従わなかったので、途中からリードを付ける。1時間たっぷり歩いた。晴れ、曇り、雨と非常に天気が変りやすい日である。ベリーもバリケンの中にいる時間が長い一日であった。夕食は午後6時。150g。雨が強くなってきたので、散歩は取り止め、その代わり下の部屋で少しだけ遊んでやる。午後10時前、寝かす。

317日(金)

午前8時にバリケンから出す。今日も雨。朝食は350g100gを追加しておしまい。散歩は取り止める。午前中、庭を見ると、雨にも関わらず、ベリーが全身びしょ濡れになって遊んでいた。本当に雨を厭わないやつである。ウンチは起きてすぐと食後にしたが、ともに普通便であった。午後遅くになって雨が降ったり止んだりといった感じになってきた。そこで午後5時頃、丁度雨が降っていないのを見計らって公園に連れ出した。散歩は昨日の朝以来ということもあり、雨が気になったが、いつものコースを歩き始める。途中雨に降られたが、傘を持ってきたこともあり、散歩を続行する。ベリーは少しぐらいの雨では全く気にも留めない様子である。1時間ほど歩き、帰宅。夕食150gを食べさせた。午後10時前に寝かす。

318日(土)

午前7時にバリケンから出す。散歩へ。いつものコースを大幅に延長してたっぷり歩く。途中、犬と出くわすが、オスワリ、フセ、マテの命令でじゃれたい衝動を抑えさせることが出来た。帰宅後朝食。350gをものすごいスピードで平げ、100gを追加。ところが今日はこれだけで満足しない。やりすぎとは思ったが50g追加した。なんと500g平らげたことになる。ものすごい食欲だ。今日は土曜日だが、打ち合わせがあるので午前10時半に出かける。帰宅したのは午後4時前。午後5時頃散歩に連れ出す。公園からいつものコース。途中ウンチをしたが、やはり軟便であった。帰宅後夕食。150gを食べる。午後7時、久し振りにシャンプーをしようと思ったので、その前にスリッカーブラシで丹念に毛を梳く。束ねたら大きめのマリぐらいの量の毛が抜けた。シャンプ−はたっぷり1時間かけた。上の部屋に上げる。無脂肪牛乳200ccをやるとおいしそうに瞬時に飲み干した。先日買ってきたドッグベッドを部屋に敷いたが、初めはゴソゴソ回りを徘徊していたが、やがて安心して上に乗り、寝入った。午後11時半、寝かすため下の部屋に降ろす。玄関から出すとトイレに行きオシッコ。寝かす。

319日(日)

午前7時半にバリケンから出す。昨日シャンプーしたてなので、いい匂いである。ウンチは普通便だったので安心した。今日は洗足池に行く予定なので、まず朝食とする。350g100g追加した。午前9時前に自転車で向かう。途中ウンチ。今度も普通便だった。池の回りを少しだけ歩き、いつもの桜山に。既に何頭か犬がいた。その中にウエルシュ・コーギーのコータロー君がおり、ベリーを見付けると早速ピッタリとマーク。ブルタニースパニエルという珍しい犬もいた。この犬は何しろ元気な犬で、猟犬だけあってその活動性向は非常に高い。しばらくしたら柴のルナがやってきた。体重40kgのハスキーもやって来て、その名前がチビということでそのアンバランスに苦笑する。午前11時過ぎに別れる。帰りに長原のパン屋に寄る予定なので北千束の住宅街を通っていたら、向こうから熊のような、めちゃくちゃでかい黒い犬がやってきた。ベリーもさすがにビビる。ニューファンドランドであったが、写真では見たことがあったがその実物の大きいこと。聞くと体重が70kgとのこと。先程の巨大なハスキーが文字通りチビに見えてくる程だ。今日はよく運動したので、帰宅するとニボシを30gやる。午後2時、彼岸なので墓参りへ。ベリーも連れて行く。帰り際、娘が公園に行きたいと言うので林試の森に寄る。そこでベリーは本日三回目のウンチ。今回も普通便だった。食べ過ぎの影響、牛乳の影響はどうやらなさそうである。午後6時、夕食。150gを食べる。午後9時前、寝かす。

320日(月)

当方、体がややダルイ。風邪気味なのかもしれない。大事を取って午前9時まで床に入っていた。従って、家内に頼んでベリーをバリケンから出してもらう。午前9時半、朝食。450gを出し、全部平らげる。昼前、用を足しに、ベリーの散歩がてら連れ出す。洗足の三越バラエティの前で、ブラックラブが座っていた。初めてみるラブである。毛並も良く手入れされていた。飼い主さんがいなかったのでベリーとの接触は無し。先日、シャンプーの際使用したバスタオル類を天気が良かったので洗う。夕方6時に夕食。150gを食べる。午後7時散歩。いつものコースを歩く。午後9時前に寝かす。


Page Up [U]