ベリー・ザ・ドッグ・サイトPark BackNumber



ベリー・ザ・ドッグ・サイト…パーク・バックナンバー


横浜市立岸根公園

ひょうたん広場で犬同士のコミュニケーション

map

神奈川県横浜市港北区岸根町

クルマ:新横浜駅前の新横浜通り、環状2号線をを横浜方面に走り、岸根交差点を左折、横浜上麻生線を六角橋方面に走る。右手に県立武道館が見えたらすぐに西岸根交差点があり、そこを右折。300m程走った右手に駐車場(有料)がある。

地元の常連さんたちが、公園西側の広大なひょうたん原っぱと名付けられた自由広場に早朝もしくは夕方に集結し、人がまばらなのを確認して、思い思いにフリスビーやボール投げを楽しむ。それが日常の岸根公園である。

この公園は、春から秋のオンシーズンの休日ともなると、駐車場がすぐ満杯になる人気スポットだ。そこで、出来るだけ早い時間帯もしくは夕方近くに来ることをお勧めする。駐車場に車を停めたら、駐車場前の中央広場の石垣の向こう側、芝生広場で匂いをかがせることからスタートする。

人が多い日中は、公園の東側を散策するのがお勧めである。芝生広場から公園の北端まで行き篠原池を渡る。野球場を左手に見て芝生広場に戻るというコース。都会の公園にしては、高低差があるので、東側をぐるりと歩いただけでも結構な運動量だ。ちなみに篠原池は護岸工事を施しておらず、自然な水辺の状態に保たせている。冬場などはサギが体を休めている光景を目にすることが出来る貴重な空間である。

犬を自由に遊ばせることの出来るポイントは何といってもひょうたん広場だが、休日、それも日中には家族連れや友人同士で球技などを楽しむ空間だけに、犬を自由にさせるわけにはいかない。この公園もノーリード厳禁となっているが、しつけの行き届いた犬はノーリードで歩かせている方も結構いる。それでも人で賑わっている間は、自由広場と一段高いところに位置する子供の遊び場の間の傾斜地を使ってボール遊びをさせる。傾斜地だけに、結構いい運動になる。穴場である。

夕方が近づいてくると、ひょうたん広場に徐々に大小様々な犬が集結する。冒頭にも述べたが、常連さんたちのポイントなので、犬同士も顔馴染である。といっても、初めての犬でも気兼ねなく仲間入りできるところがこの公園のいいところである。

1999-04-02

横浜市立岸根公園関連情報サイト

横浜市ホームページ

公園のページhttp://www.city.yokohama.jp/me/cplan/green/Kouen_20.html
ホームページhttp://www.city.yokohama.jp/


Page Up [U]