ベリー・ザ・ドッグ・サイトPark BackNumber



ベリー・ザ・ドッグ・サイト…パーク・バックナンバー


根岸森林公園

馬との対面はいい経験

map

神奈川県横浜市中区根岸台1-3

クルマ:本牧通り、根岸不動下交差点から坂道を上り、根岸旭台三叉路を右折、200m左側に第一駐車場、さらに250m走ったところに第二駐車場(共に有料)がある。

我が国の競馬発祥の地として知られる根岸森林公園。公園最奥部にある重厚なメーンスタンド跡(一等観客席)が昔日の面影を残し、静かに佇んでいる。その歴史が物語るように、現在では根岸競馬記念公苑が入口近くにあり、馬やポニーと間近に接することが出来る子供たちの楽しみの場となっている。馬場でギャロップしている馬を見て、ベリーは何か血が騒いだようだった。

この公園のメインは園中央に位置する広大な芝生広場だが、その前に第二駐車場から道路沿いに位置する空間で遊ばせる。休日でもこの辺りは人が余りいないので自由にさせることが出来るからだ。

この公園は、広大な芝生広場を取り囲むように散策路が園内を一周できるようなレイアウトとなっているので、リードを引きながら歩く。休日などはマットの花が咲き、また多くの人が球技を楽しんでいるので犬を自由にさせることはあまり出来ない。またノーリード厳禁の看板も至るところにあり、尚更自由にさせるのには躊躇してしまう。しかし、散策路を歩いていると、人が余りいない穴場が見つかるので、しばしリードを外して自由にさせてやることが出来る。犬同士、自由にさせている光景も割と目にする。特に小型犬は、散策路でもノーリードで歩かせている方が多い。

メインスタンド跡地の方は、実は穴場である。公園の端に当たるこの場所は子供たちのアスレチックコーナーであるが、隣接するなだらかな傾斜の芝生広場にはあまり人がいないので自由運動にはもってこいである。傾斜を利用したボール遊びでたっぷり運動量も確保できる。

公園の周囲には外国人住宅街や米軍の施設等もあり、異国情緒が味わえる独特の雰囲気が横浜の公園らしさを倍加させている。

1999-05-17

根岸森林公園関連情報サイト

横浜市のホームページ

公園のページhttp://www.city.yokohama.jp/me/cplan/green/Kouen_10.html
ホームページhttp://www.city.yokohama.jp/


Page Up [U]