ベリー・ザ・ドッグ・サイトPark BackNumber



ベリー・ザ・ドッグ・サイト…パーク・バックナンバー


神奈川県立東高根森林公園

縄文の昔に出会える自然公園

map

神奈川県川崎市宮前区神木本町2丁目

クルマ:国道246号線梶ヶ谷交差点から市民プラザ通りを東名高速方面に曲がり、神木本町交差点を右折、500mほど行った左手に駐車場(3月から11月の土・日・祝日有料)がある。

天然記念物となっている常緑広葉樹のシラカシ林は、実は縄文時代からそのままのかたちで生育しているという貴重な自然林。そのシラカシ林を取り囲むような湿地帯も、かつては、実際に水田として使われていたという。自然を活かしたこの都市の森林公園は、犬にとっても嗅覚を十二分に働かす貴重な空間である。

自然を満喫できる公園だけに、この公園の楽しみ方はゆっくりと園内を散策することにある。駐車場を出たら、ピクニック広場に向かう長い階段を昇ってみよう。いきなりの昇り階段はベリーにとっても人間にとってもかなりハードである。息を切らしながら辿り着いたピクニック広場は、クヌギ、コナラ林に囲まれた、森林浴を味わえる静かで最高の空間である。

園を西側から北上する。見晴台で少し休憩。そこから古代植物園を通り古代芝生広場に向かう。ここは古代人が住み、周囲のシラカシで農機具を作って耕作していたという東高根遺跡であり、しばし古代に思いを巡らす。人があまりいなければ、ボール遊びも堪能できる。

北西に位置する子供広場を過ぎると眼前に湿地帯が広がる。ここは自然の湧き水を利用しているという。また違った匂いにベリーも満足げである。板張りの観察路を右左と匂いまくる。自然池泉まで来ると、今度はケヤキ広場が広がる。芝生の空間はベリーをまた活動的にさせる。

この公園は場所ごとに違った顔を見せるだけに、散策するだけでも飽きなどこない。古代に連なる原風景が独特の安らぎをもたらしてくれる。この感覚は人間だけではなく、おそらく犬にも当てはまるのではないだろうか。

1999-06-04

神奈川県立東高根森林公園関連情報サイト

川崎市インターネットホームページ

公園のページhttp://www.city.kawasaki.jp/sisetu/takane.htm
ホームページhttp://www.city.kawasaki.jp/

宮前タウン情報

公園のページhttp://homepage2.nifty.com/plaza-k/sisetsu/shinrin/sanpo01.htm
ホームページhttp://homepage2.nifty.com/plaza-k/miyamae.htm


Page Up [U]