ベリー・ザ・ドッグ・サイトPark BackNumber



ベリー・ザ・ドッグ・サイト…パーク・バックナンバー


世田谷区立玉川野毛町公園

状況に応じ楽しみ方を使い分ける

map

東京都世田谷区野毛1丁目

クルマ:環状8号線野毛公園前交差点を曲がり、すぐのところ右手に駐車場(有料)がある。

公園ほぼ中央に位置する野球グラウンドをはじめ、プールやテニスコートなど、区民のスポーツ、レクリエーションを充足させる顔を持つ玉川野毛町公園。環8からすぐのところに駐車場が用意されていることから、車でのアクセスが便利な”行き易い”公園である。

駐車場を出ると、野球グラウンドを囲む形で散策路が左右に分かれている。左手に進むと、程なくウサギやキジなどが飼育されている小屋が見えてくる。ここでちょっとの間、動物同士の挨拶を交わさせる。

さらに進むと、小高い小山が目の前に現れる。帆立貝式の前方後円墳、野毛大塚古墳である。同系のものでは、関東でも有数の規模を誇るという。迷わず登ってみる。階段状になっているので、登るのには問題無い。ちょっとした高さなので、公園が一望できる。頂や周辺に人がいなければリードを外そう。ボール遊びを楽しむチャンスである。頂の南端あたりから下に向かってボールを放り投げ、取って来させるのである。斜面が急勾配なので、一回登って来るだけでも結構きつい様子だ。

古墳の南西前方は芝生広場になっている。遊具ゾーンが隣接しているので、大抵は近所の子供たちの遊び場になっているが、早朝など人があまりいない時間帯には、フリスビーやボール投げで犬を運動させているのをよく目にする。

散策路を一周してもそれほど運動量は稼げないが、前述したように古墳を利用したり、芝生広場で走らせることが出来れば問題無い。公園を出て住宅街を通り300mほど東に行けば等々力渓谷にも降りていける。状況に応じていろいろな楽しみ方を使い分けられるのも、この公園の利点である。

2000-03-16

世田谷区立玉川野毛町公園関連情報サイト

世田谷区ホームページ

公園のページhttp://www.city.setagaya.tokyo.jp/benricho/shisetsu/kouen/p_noge.html
ホームページhttp://www.city.setagaya.tokyo.jp/


Page Up [U]