ベリー・ザ・ドッグ・サイトPark BackNumber



ベリー・ザ・ドッグ・サイト…パーク・バックナンバー


都立井の頭恩賜公園

場所、季節ごとに堪能できる日本初の郊外公園

map

東京都武蔵野市御殿山1丁目・吉祥寺南町1丁目、三鷹市井の頭35丁目・下連雀1丁目・牟礼4丁目

クルマ:吉祥寺駅前交差点から吉祥寺通りを南進し、800m程左側に駐車場(有料)がある。

大正6年に皇室から下賜された井の頭公園には数々の歴史が残されている。一万二千年前の縄文遺跡から始まり、源頼朝の創建と伝えられる井の頭弁才天があり、鷹狩に来た徳川家光が飲んだお茶の美味しさがもとで御茶の水と命名された湧き清水がある。我が国初の郊外公園でもある。そんな歴史に思いを馳せながら犬と一緒に歩く楽しさがある。

公園西端にあたる駐車場から公園に入ると、武蔵野の面影を色濃く残す雑木林、御殿山に続く。C字型に広がる公園レイアウトのほぼ中央に位置するので、最初は玉川上水に沿って下っていこう。程なく右手にスポーツ施設が見えてくる。人通りは少なく、ノーリードで思いきり匂いを嗅がせるにはうってつけのポイントだ。公園の端まで行ったら左手の第二公園に進む。ここは地元の子供達のプレイゾーン。ここから一度住宅街に出て、弁才天が見えるあたりで再び園内に入る。

井の頭池を左手に見ながら園内を進んでいくと、神田川の源流に連なる。井の頭線のガードをくぐり、神田川沿いに下っていくと、右手に広場が見えてくる。以前はこの広場でノーリードの犬たちがたくさん遊んでいたのを目にしたが、その広場の中央にノーリード禁止の立て看板があった。残念なことである。この当たりがこの公園の東端となっている。

井の頭公園で一番賑わう場所が吉祥寺駅の公園口から公園に至る通りだ。最近ではテラス型のカフェなどが出来てきて、犬と一緒にコーヒータイムを楽しんでいる光景を目にする。季節ごとに違った楽しみを提供するのもこの公園のウリだ。池の周囲には桜がびっしりと植えられており、花見シーズンは花見客でごった返す。紅葉は見事で、またバードウォッチングも楽しめる。もちろん、犬の散歩コースとしている方も多く、その出会いもまた楽しいものである。

2000-08-28

都立井の頭恩賜公園関連情報サイト

東京名園散歩

公園のページhttp://fukuoka.cool.ne.jp/hidema/inokasira/inokasira1.htm
ホームページhttp://www.d1.dion.ne.jp/~kiko_ma/

東京都公園協会ホームページ

公園のページhttp://www.tokyo-park.or.jp/kouen/park.cgi?id=4
ホームページhttp://www.tokyo-park.or.jp/


Page Up [U]